アイリッシュ・フィドル・ライブ with マイキー・オシェイ @ 九段下

 ホームページでも紹介していましたが、九段下のカフェ"ミエル"でライブ無事に終了しました。

アイリッシュ・ミュージック・ライブ

お陰様で満員御礼となりまして、定員30名のところ35名の方が見に来てくださいました。

カフェ ミエル
ミエルさんの店舗外観。アンティークな雰囲気の素敵なカフェです。

 急に決まったライブだったので、即席メンバーでの演奏だったのですが、それなりに楽しんでいただけたようで、ほっとしました。

 今回の演奏陣は、私Takaと、日本在住のアイルランド人フィドル奏者、マイキー・オシェイ(Mikie O'Shea)と、そして今回初顔合わせだったのですが、以前に別のイベントで会ったことのあったギターの山城屋君の3人。

 ライブ当日に私の自宅で音合わせをしたのですが、なんとマイキーと山城屋君は初対面ということが判明。

 ざっと曲を決めてざっと曲をさらって会場のミエルさんへ。

すぐ近くに武道館があるので、マイキーに武道館を知っているか尋ねたら知らなかったので、ビッグになるとあそこで弾けるんだと教えておきました。

 

 マイキーは本職は学校(インターナショナルスクール)の先生ですが、フィドル奏者としても売り出し中で、「フラワーポットメン」というバンドのメンバーとしてピーター・バラカンが監修する「ライブ・マジック」という音楽イベントに出演することになっています。

 

 マイキーに日本の本物のアイリッシュ・フィドルを流行らせてもらいたいので、ぜひビッグになってもらいたいものです。

 

ちなみに後日談になりますが、先日には題名のない音楽界にも出演したそうです。

 

ミエル 九段下

 

 ミエルさんの店内はアンティークな落ち着いた雰囲気で、特にマイキーは気に入った様子でした。

 

ミエル カフェ

ライブ動画

写りが暗くので申し訳ないのですが、ライブの動画です。

ゴールウェイ出身のMartin Mulhaireが作曲したリール2曲のセットです。

私がバンジョー、マイキーはフィドルを弾いています。

リールの定番セットです。フィドル2台での演奏です。

マイキーお得意のポルカのセットです。私はバンジョーを担当しています。

こちらは私が撮ったので明るく写っています。

ギターの伴奏を担当してくれた山城屋君と、スペシャルゲストのHさんの歌です。

ゲストで登場してくれたHさんは「わせける」の部長だったかな?都内の学生アイリッシュ音楽シーンをけん引してくれています。

以前私の教室に通ってくれたこともあります。