世界最大のアイリッシュ音楽の祭典フラー・キョールに参加

アイルランド音楽の国際コンクール「オール・アイルランド・フラー」で2位入賞を果たしました

 

毎年8月にアイルランドで開催される世界最大のアイリッシュ音楽のフェスティバル「フラー・キョール(Fleadh Cheoil na hÉireann)*」に参加してきました。

*Fleadh Cheoil na hÉireannとはアイルランド語で「アイルランド音楽祭」の意。 

Fleadh = お祭り Cheoil = 音楽 hÉireann = アイルランド na = 英語の"of"に相当

 

アイルランドに行くのは実に3年ぶりです。

 

今回は実質2日間だけの滞在という超弾丸日程で行ってきました。

 

渡愛の一番の目的はフラー期間中に開催されるアイリッシュ音楽の国際コンクール「オールアイルランド (オールアイルランド・フラー)」への出場でした。

 

今年はフィドル(ヴァイオリン)の部門、ヴィオラ(miscellaneous)部門、バンジョーの部門、それと作曲部門にエントリーし、作曲部門では見事2位入賞を果たすことができました。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド音楽 Feile Tokyo フェーレ

フラー(アイリッシュ音楽のコンクール)に出場するためには、まず日本で開かれる予選大会に出場して出場権を獲得しないといけません。

 

フラーの予選は毎年6月に開催される「Féile Tokyo (フェーレ・トーキョー)」というイベントの席で行われます。

 

アイルランド音楽 伝統音楽コンクール フェーレ

Féile Tokyoのパンフレットに載っていた「フェーレ」と、音楽コンペティション(コンクール)についての解説。

 

予選で2位までに入るとアイルランドで開催される本戦へと駒を進めることができます。

 

 

出場した全ての部門で2位以内に入った私は、晴れて本戦へと出場できることとなり、一路アイルランドへ

 

アイルランドへは直行便がないので、パリ経由でダブリンへと向かいました。

 

アイルランド 観光 旅行 ダブリン空港

早くもダブリンに到着。

 

ここはダブリン空港の到着ロビーです。これからレンタカーを借りてホテルへと向かいます。

 

アイルランド 観光 レンタカー

空港で借りたレンタカー。今回はオペルの車です。

 

アイルランド 観光 ホテル

ダブリン空港の近くのホテルに滞在しました。

ここからフラーの開催地のドロヘダ(Drogheda)まで車で通いました。

ドロヘダはダブリンの北側に位置するラウス州(Co. Louth)に属する町で同州で2番目に大きな町です。

ホテルからドロヘダまで30kmほど。以前住んでいたフィークルからリムリックに行くくらいの距離なので、それほど遠くはありません。

ラウス州には以前アイルランドに住んでいた時も訪れています。

その時の模様はこちらのページをご覧ください。

 

アイルランド コンビニ ガソリンスタンド

ホテルの前にあったガソリンスタンド(兼コンビニ&ファストフード店)

なんと日本ではファミマに吸収されてしまったサークルKがアイルランドではまだ健在です。(もっとも私が住んでいた頃のアイルランドにはサークルKはなかったはず)

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド ファストフード スーパーマックス ハンバーガー

翌朝、ホテルの前のガソリンスタンドの中に入っているスーパーマックスで朝食を食べました。

スーパーマックスはアイルランドのファストフード店です。午前中はアイルランドの朝食の定番「フルブレックファスト」を食べられます。

 

フルブレックファスト アイリッシュブレックファスト アイルランド 朝食

アイルランドの朝食の定番「フル・アイリッシュ・ブレックファスト」。といっても日常的に食べている人は少ないかも・・・(一般家庭の朝食といえばトーストとシリアルが定番です。)

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド フェスティバル アイリッシュ音楽 フラー・キョール

ドロヘダの町に着くと町はもうフェスティバル一色になっていました。

 

アイルランド バスキング バスカーズ

通りの至る所から音楽が聞こえてきます。

 

アイリッシュハープ アイルランド

フェスティバル期間中の特設楽器店。アイリッシュ・ハープなど色々な楽器が売られています。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド ラグビー ワールドカップ

町のスポーツ用品店にあったアイルランドのラグビー代表チームの公式ユニフォーム。

 

アイルランド ラグビー ワールドカップ

日本で開催されるラグビーのワールドカップにはアイルランドも出場します。

 

アイルランド ラグビー ワールドカップ 日本

お土産に買っていこうかと思ったのですが、けっこう高かったのでパス・・・

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド 寿司

お昼を買いにテスコ(スーパーマーケット)に入ったら、お寿司があったので買ってみたのですが、あまり美味しくなかった・・・

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイリッシュ音楽 日本人 演奏家 アイルランド

フラーには日本人の演奏家も多く参加しています。こちらはストリートで演奏する日本人のグループです。

 

アイルランド アイリッシュ フェスティバル

通りの賑わい。毎年10万人以上の人がフラーに訪れるそうです。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

フェスティバル期間中色々なイベントが催されますが、フラーのメインイベントといえばなんといっても音楽コンクール(コンペティション)です。

 

このコンクールで優勝するとアイリッシュ音楽の演奏家にとって最大の栄誉とされる「オール・アイルランド・チャンピオン」の称号が与えられます。

 

アイルランド 大学 学校 留学 音楽

コンクールは楽器や部門別に色々な会場で行われます。

私「Taka」が出場した種目は「Ballymakenny College」という学校の校舎で行われました。

 

アイルランド 学校 留学 教室

種目別に色々な教室に分かれてコンクールが行われます。

この教室では「Rogha Gléas (miscellaneous)」という種目が行われました。アイリッシュ・ヴィオラはこの種目に含まれます。

 

アイリッシュ音楽 アイルランド音楽 コンペティション

Rogha Gléas (miscellaneous)の参加者リスト。

この種目では様々な楽器で演奏技術を競います。

ヴィオラの参加者もけっこういました。

 

アイルランド 大学 留学 学校 教室

この教室では「Piosaí Ceoil Nuacheaptha (Newly Composed Tunes)」部門のコンペティションが行われました。

Piosaí Ceoil Nuacheaptha (Newly Composed Tunes)は所謂「作曲」の部門になります。

自分で作曲したリールやジグなどのアイルランド伝統曲を自分で弾き、曲の出来栄えと演奏の良し悪しで勝敗が決まります。

 

アイリッシュ音楽 コンペティション 作曲

作曲部門の参加者リスト。私「Taka」は8番目に載っています。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

終わった種目から順々に結果速報が張り出されていきます。

 

アイリッシュ音楽 オールアイルランドフラー コンペティション

私の出場した「作曲」部門の結果速報です。

私の名前が二番目にあります。そう、2位に入賞したのでした。

 

オールアイルランド フラー フェーレ

2位に入賞して頂いたメダルです。

日本人、ならびにアジア人として初の快挙だそうです。

 

今回私が作曲した曲ですが、コンクールに出品するだけに、自分的にはまあまあよくできた作品だとは思っていたのですが、入賞できるとは思っていませんでした。

 

個人的に2nd Part(Bパート)の一部に一風変わったフレーズが入っていて、そこが今回の作品が一番の聞きどころと思っていたのですが、結果発表の時に、審査員の方が「2nd Partのその部分が特に印象に残った」と話してくれて、やっぱり分かる人には分かるんだなと思いました。

 

どんな曲かは私のCDで聞いていただけると嬉しいです。いつ出るかは分かりませんが・・

 

ちなみに私の生徒さんの何人かには教えています。8月の中野サンプラザでのグループレッスンでも教えています。

 

それと先日のコンサートでも弾いているのですが、私が作曲した曲だと言うのを忘れてしまいました・・・

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイリッシュ音楽 オールアイルランドフラー コンペティション

フラーのオフィシャル・ツイッターにも結果が載っていました。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイリッシュ音楽 フラー コンペティション 評価シート

コンペティションの最中に審査員が出場者の演奏に対して、点数や評価、感想を「アジュディケーション・シート」に書き込んでいくのですが、そのシートをオーダーすることができます。

 

アジュディケーション・シート(評価シート)を見ることによって、どこか何点だった、どこか良かった、どこが悪かったを知ることができるので、たいていの出場者はこれをオーダーしていくようです。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド 伝統音楽 コンクール

これが後日届いた「アジュディケーション・シート」です。

 

アイルランド 伝統音楽 コンクール

2位に入賞した「Newly Composed Tunes」の評価シートです。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド スポーツ ハーリング 国技

フラーの音楽コンペティションの会場でテレビに見入る人たち。

皆何に見入っているかといえば、アイルランドの国技と呼ばれるハーリングのオールアイルランド決勝大会です。

ハーリングのオールアイルランド決勝は音楽のオールアイルランド以上に盛り上がります。

 

アイルランド スポーツ ハーリング

今年(2019年)の決勝はこれまでも何度も決勝で対戦しているキルケニー州とティペラリー州で争われ、ティペラリーが優勝しました。