・The Life of a House

アイルロッジの最後の門番を務めた「ヒンチー家」の末裔の方が書かれた散文です。英語ですが、昔のフィークルやアイルロッジ周辺のことなどが詳しく書かれています。