アイルランド音楽のメッカ - クレア州フィークル村

私がアイルランドで住んでいる村「フィークル」を紹介したいと思います。

 

フィークルはアイルランドの西部のクレア州(クレア県)の属する村で、クレア州の東側に位置しています。

フィークルの場所 - Where is Feakle?

アイルランド フィークル
フィークルの位置

村の名前はアイルランド語で"歯"を意味する"an Fhiacail"に由来します。

人口は120人ほどです。

 

アイルランド フィークル
フィークルの中心部の地図です。

 


 

フィークルのメインストリート - main street in Feakle

 

フィークルのメインストリートにあるパブやお店を順に追って行ってみましょう

アイルランド フィークル

フィークル村の入り口です。上の地図だと通りの一番西側(左側)の「茅葺屋根のコテージ群」と書いてある辺りになります。

 

アイルランド フィークル
フィークルのメインストリートです。

フィークルのメインストリートにはパブが4軒、食料品などが買えるお店は3軒あります。

 

パブの中にインターネットカフェがあるモロニーズ

アイルランド フィークル

1軒目のお店とパブはモロニーズ(Moloney's)です。左側が食料品店、右側がパブです。パブの一角がインターネットカフェになっています。フィークルで唯一のインターネットカフェです。

 


 

アイリッシュ音楽のセッションで有名なショーツ・バー

アイルランド フィークル

モロニーズの向かいには「ショーツバー(Shortt's Bar)」と呼ばれているパブがあります。毎週木曜日には伝統音楽のセッションがあります。

 

アイルランド音楽 セッション
ショーツバーのセッションの模様
アイルランド フィークル

ショーツバーのことを「リーナズ(Lena's)」と呼ぶ人も居ます。もともとこのパブは長年リーナさんという女性の方が経営していて、パブの名前も「リーナズ」だったのですが、リーナさんが年をとってパブの経営が出来なくなったためショートさんが引継いでもらったのです。昔からこのパブを知る人の中にはいまだに「リーナズ」と呼ぶ人も居ます。ショーツバーになってからもリーナズ時代の看板も掲げられています。

 

アイルランド フィークル
パブの中にもリーナズ時代の看板が飾られています。

 


 

フィークル中心部にある唯一の宿泊施設
ロックナーンズ・ホステル

アイルランド フィークル

ショーツバーの少し先にあるのが、フィークル唯一のホステル「ロクナーンズ(Loughnane's」です。ホステルの経営者のお父さんは「ビル・ロクナーン (Bill Loughnane)」という有名なフィドルの奏者です。

 

Paddy Canny Bill Loughnane

ロクナーンズの先代ビル・ロクナーン(右)と東クレアの伝説的なフィドル奏者パディ・カニー(Paddy Canny)(マーティン・ヘイズの叔父にあたる)。

 


 

セッションはフェスティバルの時だけ - ボーハンズ

アイルランド フィークル

ロクナーンズのお隣のお隣にあるのがボーハンズというパブです。ここでは普段はセッションはやっていませんが*、フェスティバルの時にはセッションがあります。(*2011年現在)

 

Bohan's Feakle Calre Ireland
ボーハンズでのセッションの模様
アイルランド フィークル

ボーハンズのちょっと先の交差点のところは広場になっています。

 


 

フィークル出身の国際的な歌手/作曲家
ジョニー・パターソンの碑

アイルランド フィークル

広場には19世紀に活躍したフィークル出身の歌手/作曲家「ジョニー・パターソン」の碑が建てられています。

 

ジョニー・パターソンが作曲したブリジット・ドノヒューという歌。

歌っているのはアイルランドの大学生たちのグループです。

 


 

東クレアをぐるっと回るウォーキングコース

アイルランド フィークル

広場の一角には「イースト・クレア・ウェイ」という東クレアをぐるっと一周回るウォーキングコースの地図とコースガイドが建っています。

全長180kmとそこそこの距離があるのですが、普通の観光旅行では絶対に見ることのできない、アイルランドの田舎の景色や地形を楽しむことができます。

 

私はこの「イースト・クレア・ウェイ」の180kmの全行程を自転車で走ってみました。その時の模様をこちらのページでご覧になれますので、よかったら見てみてください。

東クレア アイルランド

エニス*のツーリストオフィス等でイースト・クレア・ウェイの地図やガイドブックを買うことができます。(*クレア州の州都)

 


 

フィークルで唯一ガソリンを買えるお店

アイルランド フィークル

広場のところの交差点を下に降りていくとスミス(Smyth's)というお店があります。フィークルで唯一ガソリンを入れられるお店です。

 


 

火事で無くなってしまったフィークルのホテル

アイルランド フィークル

スミスのはす向かいには更地になったエリアがあります。その昔この場所にはホテルがあったのですが、火事で全焼してしまったのです。その後ホテルが建て直されることはなくずっと更地になったままとなっています。ホテルの名前は「スミス・ビレッジ・ホテル(The Smyth Village Hotel)」と言いました。「スミス」のお店と関係があるかどうかは不明です。

 

アイルランド フィークル

これは先ほど触れたイースト・クレア・ウェイのガイドブックに出ていたスミス・ビレッジ・ホテルの広告です。私はこれを見てフィークルにはホテルがあるものだっとずっと思い込んでいたのですが、ある時知り合いにフィークルのホテルはどこにあるのかと尋ねたら、火事で燃えてもうないと言われてびっくりしたのを覚えています。

このホテルでは1974年にIRA暫定派とシン・フェイン党の指導者たちが、プロテスタント・キリスト教徒宗派の指導者と共に北アイルランド危機の解決方法の討議のための会談が行われたそうです。

 


 

フィークルのコミュニティバス - 通称「猫バス」

アイルランド フィークル

スミスのお店のお隣には東クレアのコミュニティバスの本部があります。フィークル唯一の公共交通機関です。日本各地で運行されている循環バスに近いでしょうか。コミュニティバスのサービスの名称が「クレア・アクセシブル・トランスポート(Clare Accessible Transport)」というので、頭文字をとって「CAT」と呼ばれています。「CAT」だけに日本人の間では「ネコバス」と呼ばれています。

 

アイルランド フィークル

フィークルのコミュニティバス「ネコバス」のロゴマーク。

 


 

フィークル村唯一の教会(パブは4軒もあるのに)

アイルランド フィークル

再びメインストリートに戻って、先ほどの広場のはす向かいにあるフィークルの教会です。

 

アイルランド フィークル

教会の隣にあるのがコミュニティセンターです。フェスティバル中はここで伝統音楽のコンサートが行われます。

 

アイルランド フィークル

コミュニティセンター先には、フードマーケットというお店があります。

このお店の先はしばらく何もありません。

 


 

フィークルの郵便局

フィークル 郵便局

上のフードマーケットから1kmくらいでしょうか、メインストリートの東側の端には郵便局があります。

 


 

200年以上の伝統を誇る有名なパブ - ペパーズ (Peppers Bar)

フィークル ペパーズ

フィークルの町の一番外れには有名なペパーズがあります。

 

フィークル ペパーズ

ペパーズは創業200年以上の歴史のあるパブです。

毎週水曜日にアイルランド伝統音楽のセッションがあります。

 

ペパーズ フィークル

ペパーズはレストランとしても営業しているので、食事もできます。(日本のアイリッシュパブだとたいていどこも食事を提供していますが、アイルランドのパブだとお酒しか出さないところも多いです。)

 

アイルランド フィークル
ペパーズでのセッションの模様
マーティン・ヘイズ フィドル

ペパーズのセッションで弾くマーティン・ヘイズとマーク・ドネラン。

2人が座っているところでは、もともと彼らの父親のP.Joeヘイズとフランシー・ドネランが弾いていました。

 

P.Joe Hayes Francie Donnellan

ペパーズのセッションで弾くマーティン・ヘイズの父親のP.Joeヘイズ(右)とマーク・ドネランの父親のフランシー・ドネラン(左)

 

ペパーズ フィークル

P.Joeの定位置だった席には「P.Joe's Place」と書いたプレートが貼ってあります。セッションにマーティン・ヘイズが来る時はマーティンは大概ここに座ります。

 

NHKで放送されたアイルランド音楽の番組でも、この「P.Joe Place」が出てきていました。

 

ペパーズ フィークル

ペパーズのホームページがあるのですが、ペパーズのホームページの「Links」のページに写っているのは実は私です。顔は写っていませんが・・

 


アイルランド フィッシュアンドチップス

ちなみにフィークルとは全然関係ないのですが、リムリックには「PJ's Plaice」というフィッシュ&チップスのお店があります。ペパーズの「P.Joe Place」もこちらの「PJ's Plaice」も読み方はどちらも「ピー・ジェーズ・プレイス」です。

 


ペパーズ フィークル

ペパーズの壁にはフィークルの名を冠した曲「メイズ・オブ・フィークル(The Maids of Feakle)」の楽譜が貼られています。

 


フィークル・アイルランド

フィークル村への入り口(ペパーズ側)に建っている「ようこそフィークルへ」の石板。

 


 

フィークル・フェスティバル - Feakle Festival

 

フィークルでは毎年8月に「フィークル・フェスティバル」というアイルランド伝統音楽のフェスティバルが開催されています。

フィークルフェスティバル
フィークルフェスティバルのプログラム

普段のフィークルはすごい静かなのですが、フェスティバルの時は一変します。

 

Ireland Feakle
普段のフィークルのメインストリートです。

フェスティバルの開催中は、

フィークル フェスティバル

こんなに大勢の人手で賑わいます。

 

フェスティバル中はコンサートやワークショップ(音楽のレッスン)などのイベントが目白押しです。

 

フィークルの小学校ではマーティン・ヘイズなどアイルランドを代表するフィドル奏者が教えてくれるワークショップがあり、毎年日本人も多く参加しています。

 

アイルランド フィークル
音楽のワークショップが行われるフィークルの小学校
フィークル フェスティバル
フィドルのワークショップの模様
アイルランド フィークル

個人的には音楽のワークショップよりも学校で使っている教材などの方に興味が行ってしまいます。普段地元の子供たちが通っている校舎内に入る機会ってなかなかないので。。

 

アイルランド 小学校

教室に貼ってあった授業中のお約束事。

目を開いて、耳を傾けて、足を動かさず、手を静かに

だそうです。日本の小学校でも同じようなが貼ってあったりしましたよね?

 

アイルランド 小学校

「悪口はよくない!」その通りですね。(name calling = 悪口、中傷)

 

アイルランド フィークル
クリックで拡大できます

学校の掲示板に貼ってあったフィークルの古い地図。

どこからどこまでが「フィークル」なのかがよく分かります。

私の住むアイル(Ayle)はフィークルの南西の端にあります。

 

アイルランド 小学校

省エネについての標語みたいなものでしょうか。

それぞれの文の先頭の文字(緑色の文字)を繋げると「Energy」となるようになっています。

 

アイルランド リサイクル

アイルランドでは上と似たような語呂合わせ?みたいなものをよく見ます。

これはフィークルのゴミ回収業者のチラシです。各段の文の先頭の文字を繋げると「BINMASTER(会社の名前)になります。」

 


アイリッシュ音楽 バンジョー 教室

こちらはバンジョーのワークショップの模様。

バンジョーのワークショップはコミュニティセンターでありました。

 


フィークルフェスティバル

コミュニティセンターの隣の教会ではコンサートがありました。

 

エディ・リーダー

この年のフィークルフェスのコンサートでは、スコットランドの歌手「エディ・リーダー」が登場。とても盛り上がりました。エディ・リーダーといえば特に日本では人気のあったフェアーグラウンド・アトラクションのヴォーカリストです。

 

名曲「パーフェクト」も歌ってくれました。

バックミュージシャンにアイリッシュのピアノ・アコーディオン奏者アラン・ケリーも居て、普段のツアーとは違った演奏を聞かせてくれました。

 

ちなみに「パーフェクト」にはゲール語バージョンが存在します。

 

マーティン・ヘイズ フィドル

コンサートのトリはもちろんマーティン・ヘイズです。

 


フィークル フェスティバル
広場では屋外ライブをやっていました。
フィークル フェスティバル

ペパーズの横ではクロスロード・ケーリー*で盛り上がっていました。

*ケーリー(Ceili)=アイルランドのダンスの一種類であるセットダンスを踊る集まりのこと

 

セットダンスとはこんなダンスです。

 

フィークル フェスティバル
セッションは夜更け過ぎまで繰り広げられます。

 


 

葉加瀬太郎さん フィークルでフィドルに挑戦

 

フィークルはアイルランド伝統音楽の盛んな土地なので、色々な国のメディアが訪れるところです。バイオリンの葉加瀬太郎さんも、テレビ番組の収録でフィークル村を訪れたこともありました。

葉加瀬太郎 アイルランド
ペパーズのセッションに参加する葉加瀬太郎氏。(TV番組からのカット)

後日放映された番組には私もちらっと写っています。フィークルはアイルランド伝統音楽の盛んな土地柄で、アイルランド音楽を学びにやってくる日本人が多くいます。番組内では私以外にも日本人が写っています。

 

こちらのページに葉加瀬太郎さんがフィークルに訪問してフィドルに挑戦する番組を紹介していますので、よかったらご覧になってみてください。

 


 

茅葺屋根のコテージ - Thatched cottages in Feakle

 

フィークルのメインストリートを西に進んだ村外れに、茅葺屋根のコテージが立ち並ぶエリアがあります。Googleの地図でも「サッチト・コテージズ(Thatched Cottages)」と表示されているので、住所としても機能するほどよく知られているエリアなのだと思います。

thatched cottages feakle
絵葉書に出てくるような昔ながらの茅葺屋根のコテージです。
アイルランド フィークル

個人的にこのエリアはフィークルの中でお気に入りの場所の一つになっています。