Home >

アイリッシュ(アイルランド)音楽でつかわれている小さな縦笛

ティンホイッスルとは


楽器の基本情報とレッスンについて

introduction to the tin whistle 

ティンホイッスル 教室 レッスン

ティンホイッスルについて


 

ティンホイッスルはアイリッシュ音楽で使われている楽器の中では、最も簡単で始めやすい楽器です。

 

ティン(tin)」とは英語でブリキという意味で、もともとはブリキの板を丸めて作られていましたが、現在では様々な材質で作られた"ティン"ホイッスルが出回っています。

 

下の画像は昔ながらのブリキ製のティンホイッスルです。

 

ティンホイッスル アイリッシュ音楽 ケルト
昔ながらのブリキ製のティンホイッスル
ブリキ ティンホイッスル
ティンホイッスルの原材料の"ブリキの板"とブリキで作られた製品の一例

上の動画でアイルランドのブリキ加工職人さん(フィドル奏者さんでもある)がブリキの板からミルクジャグ(ミルクピッチャー)を作る様子を見ることができます。ティンホイッスルも同じような感じで作られたとのことです。

 

ブリキ製のティンホイッスルの音色の参考動画です

 

ティンホイッスル 教室

色々な素材で作られた"ブリキ製ではない"ティンホイッスル

現在はこちらの方が主流です

 

ティンホイッスルのことを"ペニーホイッスル"と呼ぶこともあります。

 

「ペニー」とは日本の一円玉に相当する昔のアイルランドの最小貨幣単位で、昔は「1ペニー(1円)」でティンホイッスルが買えたそうです。

 

今でもティンホイッスルは500円(*)くらいから買えますが、一本数万円もする手作りの高級品も出回っています。(*)アイルランド国内では

 

ティンホイッスル - ペニーホイッスル

その昔、ティンホイッスルは1本1ペニー(日本の1円に相当)で買えたそうです

 

ティンホイッスル ケルト アイリッシュ

アイルランドで売られているティンホイッスル。

値段は3.99ユーロ(約480円)から

 

ティンホイッスル 楽器 ケルト音楽

 日本では1,000円くらいから購入可能です

 

ティンホイッスルは値段が安く、簡単に音が出せるのでアイリッシュ音楽の入門楽器として最適です。

 

ティンホイッスル 音の高さ 音の違い
ティンホイッスルには色々な大きさのものがあります

 

ティンホイッスルには色々な大きさのものがあります。

大きさの違いは音の高さの違いです。

大きくなればなるほど、音が低くなります。

画像に写っている「F」と書いてあるティンホイッスルであれば「Fの音」、つまり「ファ」の音から始まるドレミファソラシド、「ファソラシドレミファ」で吹くことができます。

 

どの音のものを選ぶかは吹く曲の音の高さで決まります。

 

ファ(F)の音から始まる「ドレミ~」を吹けるティンホイッスルのことを「F管」と呼びます。ミ♭(E♭)の音から始まるティンホイッスルであれば「E♭管」と呼びます。

 

アイリッシュ音楽であれば基本的に「D管」で大概の曲を吹くことができます。

 

なのでアイリッシュ音楽をやりたいのであれば、とりあえず「D管」があれば大丈夫です。

ティンホイッスル - D管

アイリッシュの曲であれば「D管」でほとんどの曲を吹けます。 

 

目次に戻る

ティンホイッスルの購入について


 

ティンホイッスルを始めようと思ったら、まず先立つものは楽器です。

 

特に楽器に拘りがなく、安価なものでも大丈夫というのであれば、とりあえず最初の一本は、上で紹介しているような1000円くらいで買えるもので十分だと思います。

 

演奏する音楽がアイリッシュ音楽であればとりあえず「D管」が一本があれば大丈夫です。

 

私自身は以下のものとほぼ同じものを使っています。

ティンホイッスル アイリッシュ音楽 ケルト音楽

ティンホイッスルのレッスンについて


 

 私のレッスンではアイルランドの音楽を弾くための基本的なことに重点を置いてレッスンを進めていきます。

 

・アイルランドの伝統曲の基本的な奏法

・装飾音の付け方

・アイリッシュ音楽独特のリズム感の出し方(ノリの出し方)

・バリエーションの付け方

 

 など、基本的なことを楽譜を用いず、耳で聞いて学ぶ現地流の教え方でレッスンを進めていきます。

 

 アイルランドの音楽は全ての楽器が同じ旋律(メロディ)を演奏する音楽なので、先にティンホイッスルでアイルランド音楽の基礎を学んでおけば、後からフィドル(バイオリン)やフルートなど他のアイルランドの楽器へも簡単に移行できます。

 

アイリッシュ音楽 レッスン

先にティンホイッスルで基本を習っておけば他の楽器への移行も簡単です。

フルート(右の楽器)は指穴の数がティンホイッスルと同じで、演奏法も似ているので、ティンホイッスルから移行しやすい楽器です。

ティンホイッスル フルート 運指表

ティンホイッスルとフルートの運指表です

指使いはどちらの楽器もまったく一緒です

 

目次に戻る

こんな方に向いています


 

・本当はフィドル(バイオリン)やバンジョーやマンドリンに興味があるけれど、楽器も高いし難しいそうだからいきなりフィドルやバンジョーで始めるのには抵抗がある。

 

・アイルランドのメロディーが好きで自分でも何か弾いてみたいけど、どの楽器が自分に向いているか分からない。

 

など、このような方にはぜひティンホイッスルをお勧めします。

 

ティンホイッスルはリコーダーよりも指穴の数が少なく、息を吹き込めば簡単に音が出るので、学校でリコーダーを吹いた経験のある方ならすぐに演奏ですます。

 

アイルランドの音楽は見よう見まね、聞きよう聞きまねで覚えていくので、楽譜が読めなくても大丈夫です。

リコーダー アイリッシュ音楽
ティンホイッスルの指使いはリコーダーよりも簡単です

ティンホイッスル - 楽譜

 アイリッシュ音楽でお馴染みのアルファベットで書かれた「ABC譜」

アイリッシュ音楽の世界では普通の五線譜だけでなく 

このような譜面もあるので、五線譜が読めなくても問題ありません

 

目次に戻る

レッスン代について


 

レッスン代は1回2,500円*より。(*レッスン回数、時間、場所によって異なります)

 

入会金はありません。

 

基本的に個人レッスンですが、お友達同士など2人、3人でのレッスンも可能です。その際のレッスン代/レッスン時間についてはお問い合わせください。

 

アイリッシュ音楽 教室
アイリッシュ音楽のグループレッスン風景

 

レッスン曜日・時間など


 

レッスンの曜日、時間は講師と生徒さんのそれぞれの都合に合わせて決めるフリータイム制となっています。

 

 「毎月第〇曜日の〇時~」など曜日と時間を指定して継続していただくことも可能です。

 

レッスン時間は基本1回1時間です。(1回1時間以上/以下のレッスンも可能です)

 

レッスン可能時間は特に決めていないのですが、早い方は午前7時くらいからでもレッスン可能です。遅い方は午後11時くらいまで大丈夫です。

 

朝活で出勤前などに寄っていただいても大丈夫ですし、お勤めが終わってから寄っていただいても大丈夫です。

 

場所と時間の都合が合えば出張レッスンも可能です。(要交通費)

 

教室でのレッスンの他にスカイプなどを利用したオンライン・レッスンもやっています。

オンライン・レッスンについてはこちらのページをご覧ください。

 

目次に戻る

楽器のレンタルについて


 

教室備え付けの楽器がありますので、一番最初の体験レッスンの際は楽器をお持ちでなくてもレッスンを受けられます。

 

ちょっと体験としてみようと思ったら、まず教室の楽器で試してみてから、続けるかどうか、ご自分の楽器を買うかどうか決めていただいて結構です。

 

ティンホイッスル アイリッシュ音楽 ケルト音楽
教室備え付けのティンホイッスル

教室の場所について


 

教室は池袋にあります。池袋駅より徒歩5分のところです。 

教室でのレッスン以外に出張レッスン、スカイプなどを利用したオンラインレッスンもやっています。

池袋 バイオリン フィドル 教室

体験レッスンのお申込み/お問い合わせ


 

体験をご希望の方は1回1時間4,500円(30分2,500円)にて受講していただけます。

 

教室でのレッスン以外にスカイプなどを利用したオンラインでのレッスンや、出張レッスンもやっています。

 

レッスンのお申込み、お問い合わせはこちらよりお願いいたします。

 

目次に戻る

講師の演奏の参考動画


以下は講師の演奏の参考動画です。

レッスンでは動画で吹いているような曲を習うことができます。

同じ曲をフィドル(バイオリン)とティンホイッスルで弾いています

アイリッシュ音楽は全ての楽器まったく同じ旋律を弾くのが基本です。

一度どれかの楽器で曲を覚えてしまえば、他の楽器でもやることは同じなので、

アイリッシュ音楽では色々な楽器の演奏を楽しむことが可能です。 

 

目次に戻る

講師について


講師の「Taka」はアイルランドで音楽を学びました。

 

アイルランドにはもともと語学留学で行ったのですが、滞在中に現地の音楽のことを知り、現地のアイリッシュパブ(居酒屋さんのようなところ)でやっているセッションに参加してみたくなったのが、音楽を始めたきっかけです。

 

アイリッシュ・ミュージック セッション アイリッシュパブ

一番最初に始めたのがティンホイッスルでした。

 

その後いろいろな楽器に手を出すようになり、現在はフィドル(アイリッシュ音楽で使われるバイオリン)をメインに弾いています。

 

アイリッシュ音楽 フィドル バイオリン

2015年にアイルランド音楽の国際協会「Comahaltas Ceoltóirí Éireann」が実施するアイリッシュ音楽の公認指導者の資格試験に日本人として初めて合格しました。

 

以来フィドルをメインにティンホイッスルやバンジョーの演奏や指導をしています。

 

演奏家としては2019年にアイリッシュ音楽の国際コンクール「Fleadh Cheoil na hÉireann」において日本人およびアジア人初となる2位に入賞しました。

 

指導者としては現地で学んだ経験をいかして、アイルランドの先生から習っているのと遜色のないような教え方を心がけています。

アイルランド 雑誌 音楽
私「Taka」のことが取り上げられたアイルランドの音楽専門誌の記事

 

レッスンのお申し込み、お問い合わせは以下よりお願い致します。


 

なおこちらのページよりオンライン決済でお申込みいただくと、レッスン代が若干お安くなります。オンライン決済でのレッスンのお申込みはこちらへどうぞ。

レッスンをお申し込みされる場合は、

 

希望日時 (複数の候補日/時間を挙げていただけると助かります) 

レッスン時間 (60分または30分)

場所 (池袋教室、出張依頼、スカイプ)

楽器のレンタルの有/無 を明記の上お申し込みください。

 

書き方は下を参考にしてみてください。

① 〇月〇日 〇時~〇時、〇月〇日 〇時~〇時 (または〇曜日の〇時~〇時)

② 60分

③ 池袋

④ 楽器の貸し出し希望

 

※携帯(スマホを含む)のメールをお使い方

PCメールから返信いたしますのでパソコンから送信されたメールを受信できる設定にしておいてください。(携帯のアドレスに送って戻ってきてしまったことが何度かありました。)

 

2週間以上先、または月を跨いでのレッスンのご予約に関しては先にレッスン代のお支払いをお願いすることがありますので、ご了承ください。

 

※一度レッスンの予約が確定しますと、生徒さんの都合による変更・キャンセルには、以下の料金が生じますますので、確実にレッスンに来れる日時を選んでレッスンを予約してください。

 

レッスンのキャンセル料:

7日前 50%5~6日前 70%3~4日前 80%2~1日前 90%当日 100%:

 

スカイプでのレッスンを希望される場合は以下のような流れになります。

 

① レッスンのお申込み 

② レッスン日/時間が確定しましたら、レッスン代の振り込み先をご連絡いたします。

③ レッスン代のお振込み (前日までにお振込みくださるお願いします。)

④ お振込みを確認したら当方のスカイプ名をご連絡いたします。

⑤ レッスン当日お約束した時間になりましたら、ご連絡したスカイプ名に通話してください。

 

出張レッスンをお申込みいただく場合はお住まいの地域を明記してください。出張レッスンの際にかかる交通費のお負担をお願いいたします。(池袋駅からの往復料金)

 

私の予備の楽器を持参いたしますので、出張レッスンでも楽器の貸し出し可能です。

 

レッスン会場としてスタジオなど有料施設を使う際は、施設利用料金のご負担もお願いいたします。

 

池袋駅から往復1時間以上かかる場合は均一10,000円(+交通費)とさせていただきます。

 

メモ: * は入力必須項目です

[アイリッシュ音楽の教室/レッスン情報]

[フィドルのレッスン] [ティンホイッスルレッスン]

[バンジョーのレッスン] [オンラインレッスン]

[レッスンのよくある質問] [レッスン代について]

[フィドル/バイオリン関係]

[フィドルとは] [フィドルの購入] [色々なフィドル]

[演奏スタイル] [フィドルの基本の基本] [練習方法]

[フィドルのお勧めCD] [教則本や曲集の紹介]

[お隣の名フィドル奏者] [フィドル奏者名鑑]

[葉加瀬太郎さんアイルランドでフィドルに挑戦]

[ティンホイッスル(縦笛)関連]

[ティンホイッスルとは]

[バンジョー関連]

[バンジョーとは] [色々なバンジョー]

[バンジョーのお勧めCD]

[アイルランド音楽全般]

[アイルランド音楽とは] [アイルランドの楽器]

[アイルランドの曲] [アイルランド音楽の音階]

[アイリッシュ音楽の装飾音]

[アイリッシュ音楽のリズム(ノリの出し方)]

[アイリッシュ音楽のお勧めCD]

[アイリッシュ・セッション] [アイリッシュダンス]

[非伝統系アイルランド音楽(ロック/ポップス etc]

[アイルランド音楽の楽譜]

[ABC譜] [初心者向け定番曲集] [セッション定番曲集]

[アイルランド音楽の試験、指導資格、留学情報]

[アイルランド音楽の試験] [試験のススメ]

[アイリッシュ音楽の試験(SCT Exam)を受験]

[アイリッシュ音楽の認定講師資格試験を受験]

[アイルランド音楽留学情報]

[アイルランド音楽のフェスティバル]

[世界最大のアイリッシュ音楽の祭典「フラー」]

[アイルランド最大の音楽フェス]

[アイルランド音楽の国際コンクール]

[アイリッシュ音楽の国際コンクールに出場]


[Home]

[フィドル(バイオリン)レッスン]

[ティンホイッスルのレッスン]

[バンジョーのレッスン]

[オンライン・レッスン]

[レッスンの料金]

[よくある質問]

[プロフィール]

[お知らせ]

[お問い合わせ]

[フィドルとは]

[アイルランド音楽情報]

[ブログ]

[アイルランド生活]