Home

フィドル(バイオリン)のレッスン
アイリッシュ音楽教室 in 東京

認定講師によるフィドル(バイオリン/ヴィオラ)のレッスン

fiddle lessons taught by a qualified teacher in Tokyo, Japan.

 

新型コロナウイルス感染症の対応について

 

3月31日現在、レッスンは普段通りにやっています。

今現在のところ、私自身に関しては特に感染の症状等出ていませんが、対面でのレッスンが不安という方はSkypeなどを利用したオンラインでのレッスンをご検討ください。

オンラインレッスンについてはこちらのページをご覧ください。

 

フィドル バイオリン 教室 レッスン

当教室は日本では数少ないフィドル*専門の教室です。

 

フィドルの本場アイルランドで演奏法や指導法を学び、現地公認の指導資格を取得した講師が教えています。

 

アイルランドと変わらない現地流のレッスンを受けることができます。

 

フィドルと合わせてアイルランドの縦笛「ティンホイッスル」や「バンジョー」のレッスンもやっています。

 

* フィドル = 民族音楽などで使われるバイオリン

目次

レッスンの特徴


当教室のレッスンはフィドル演奏の本場であるアイルランドの伝統的な指導法に基づくレッスンです。 

 

アイルランドでアイルランドの先生から習うのと同じようなレッスンが受けられます。

 

アイルランドで演奏法を学び、現地公認の指導者資格を取得した講師が指導しています。

 

基本的に1対1の個人レッスンです。

(希望があれば複数人でのレッスンも可能です)

 

ラーンバイイヤー(learn by ear)」という楽譜を用いない現地のレッスンと全く同じ方式のレッスンです。

 

楽譜を用いることがないので楽譜が読めなくても大丈夫です。

 

希望があれば楽譜を使うことも可能です。

 

まったく楽器が初めてという初心者の方から、以前バイオリンや他の楽器を弾かれたことのある経験者の方まで、どなたでも大歓迎です。

 

年齢の制限もありませんので、小さなお子様*から大人の方まで通っていただけます。

*教室備え付けの楽器は大人用(4/4)しかありませんので、分数サイズの楽器のレッスンをしたいという場合は貸してくれるところを紹介いたします。

バイオリン フィドル 教室 レッスン

レッスンの曜日/時間/場所


教室は池袋にあります。(池袋駅から徒歩5分)

 

教室でのレッスンのほか、生徒さんのご自宅や練習スタジオなど、ご希望の場所にお伺いしての出張レッスン、スカイプなどによるオンラインレッスンも可能です。

 

レッスン時間はご都合に合わせて日時を決めるフリータイム制*です。

 *時間、曜日を固定して受けていただくことも可能です。

 

レッスン時間は基本1回60分です。(60分以上、60分以下も可能です)

 

レッスン可能な時間は早い方は7:00くらいから、遅い方は23:00くらいまで大丈夫です。

(池袋教室の場合)

 

曜日は平日、土日祝日関係なくいつでも大丈夫です。

 

お盆期間中、お正月期間中もレッスン可能です。

講師の「Taka」とは


講師の「Taka」はアイルランドで音楽を学びました。

 

アイルランドにはもともと語学留学で行ったのですが、留学中に現地の音楽のことを知り、現地のアイリッシュパブ(居酒屋さんのようなところ)でやっているセッションに参加してみたくなったのが、音楽を始めたきっかけです。

 

アイリッシュミュージックセッション - アイリッシュパブ

 

最初はティンホイッスルという楽器から始めたのですが、だんだんと色々な楽器に手を出すようになり、現在はフィドルがメインの楽器となっています。

 

 

2015年にアイルランド音楽の国際協会「Comahaltas Ceoltóirí Éireann」が実施するアイリッシュ音楽の公認指導者の資格試験に日本人として初めて合格しました。

 

以来フィドルをメインにアイリッシュ音楽の演奏と指導をしています。

 

演奏家としては2019年にアイリッシュ音楽の国際コンクール「Fleadh Cheoil na hÉireann」において日本人およびアジア人初となる2位に入賞しました。

 

指導者としては現地で学んだ経験をいかして、アイルランドの先生から習っているのと遜色のないような教え方を心がけています。

アイリッシュ音楽 CD Eoin O'Neill Bouzouki

アイルランドで現地の演奏家の指導をしたこともあります。指導をした演奏家のCDにはフィドルの指導に対してのお礼が書かれています。

 

目次に戻る

レッスン代


レッスン代は1回60分で5,500円です。

 

一回あたりのレッスン代がお安くなる月謝制、チケット制のレッスンもあります。

定期的に通っていただく方には月謝性、チケット制のレッスンがお勧めです。

 

体験レッスンは1回60分5,500円で受講していただけます。

 

レッスン代の支払い方法は、レッスン当日に教室でお支払いいただくか、事前にPayPalやクレジットカード等でお支払いいただくか、どちらを選んでいただけます。PayPal/クレジットカードの方が若干お安くなります*

*体験レッスンの時のみ

 

出張レッスンの際は、レッスン代以外に往復の交通費をお願いしています。

(池袋駅からの往復料金)

 

原則往復1時間以内であれば、レッスン代+交通費でOKです。

 

1時間以上かかる場合は一律10,000円(60分のレッスン)+交通費とさせていただきます*。(60分以上のレッスンの場合は30分増えるごとに3,000円プラスか、レッスンチケットをご購入ください。)  

 

貸出し楽器*がありますので、楽器をお持ちでない方でも大丈夫です。(教室での使用であれば無料です。出張レッスンで貸し出しを希望される場合は、楽器レンタル代として1,000円お申し付けいたします) 

*貸し出し用楽器のサイズは4/4のみ。

 

注: 貸し出し用楽器はレッスン中の使用に限ります。ご自宅にお持ち帰りいただくことができませんので、教室以外の場所で楽器の演奏/練習をするのであればご自身で自由に使える楽器をご用意ください。 

 

スカイプレッスンのレッスン代は普通の対面でのレッスンと同じ料金です。

レッスン代はレッスンの前日までにお支払いいただくようお願いします。

銀行振り込みまたはPayPalやカード決済でレッスン代をお支払いいただき、お支払いを確認できましたら私のスカイプ名をお知らせいたします。

 

その他、レッスン料金についての詳細はこちらのページもご覧ください。

 

レッスンのお申込み、お問合せはこのページの一番下の問い合わせフォームよりお問い合わせください。

バイオリン フィドル レッスン 教室
当教室でのレッスン風景(講師は特別講師として来ていただいたアイルランド人フィドル奏者さんです)

フィドルとバイオリンの違い


フィドルはアイリッシュや北欧などクラシック音楽以外の民族的なジャンルで使われるバイオリンです。

 

楽器自体はいわゆる「バイオリン」と全く同じものですが、演奏法はだいぶ違います。

 

フィドルの演奏を学ぶのに、クラシックバイオリンの知識や経験は全く必要ありません。

 

私自身クラシック・バイオリンは一度も弾いたことも、習ったこともありません。

 

日本ではフィドルも教えているクラシックバイオリンの先生もいらっしゃるようですが、フィドルが弾きたいのであれば、最初からフィドル専門の先生から習ったほうが早く上達できます。 

 

アイリッシュフィドルを弾きたい人が、クラシックバイオリンのレッスンに通うということは、沖縄の三線を習いたい人が、津軽三味線の教室に通うのと同じような感じと言えるでしょうか。(またはロックのエレキギターを習いたい人が、クラシックギターの教室に通うような感じでしょうか) 

 

クラシックバイオリンを習うとフィドルが弾けなくなるかどうかは分かりませんが、フィドルを弾きたいのであれば、始めからフィドル専門の教室に行った方が断然早く弾けるようになります。餅は餅屋といったところでしょう。

フィドル 弓の持ち方

真ん中アイルランドのフィドル奏者の弓の持ち方

一番右クラシックバイオリンの弓の持ち方

弓はバイオリンもフィドルも同じものを使うのですが、ジャンルが変わると持ち方も使い方も大分変ります。

 

目次に戻る

こんな方にお勧めです


 

私の教室のレッスンでは、全く楽器が初めてという方はもちろん、次のような方にもお勧めです。

 

・バイオリンに興味があって弾いてみたいけど、クラシックバイオリンは敷居が高いかな?と思っている方。

 

・これまでアイルランド(ケルト)音楽に興味があったけど、どうやって始めてよいか分からなかった方。

 

・独学でフィドルに挑戦しているけど、なかなかフィドルらしい雰囲気を出せない方。

 

・子供の頃にクラシックバイオリンを習っていたけど、クラシックが好きになれなくて途中で止めてしまった。

 

・またバイオリンを始めたいけどクラシック以外のジャンルが弾きたい。

 

などなど

フィドルはこのような方たちにもお勧めです。

フィドル バイオリン レッスン 教室
アイルランドの教室のレッスン風景

楽器をお持ちでなくても大丈夫です


教室備え付けの楽器がありますので、楽器がなくても始められます。

 

当教室では購入の参考にもなるように、普通のフィドル(バイオリン)以外に、サイレントバイオリン(エレキバイオリン)やギターやウクレレのように金属の仕切りが付いたフレット付きのバイオリン、普通のバイオリンより弦の本数が多い5弦のバイオリンなど色々なバイオリンを用意しています。

 

教室備え付けの楽器は、レッスン中の使用に限ります。ご自宅にお持ち帰りいただくことはできませんのでご了承ください。

 

サイレントバイオリン フレットバイオリン 5弦バイオリン
当教室では色々なフィドルを試していただけます   

レンタル楽器について


ご自宅での練習でもレンタル楽器を使いたいという方には、篠崎バイオリン工房さんのバイオリンの貸し出しサービスをお勧めしています。   

バイオリン 教室 楽器 レンタル フィドル

篠崎バイオリン工房さんのレンタル楽器の料金表

クリックで拡大できます

 

フィドル以外の楽器のレッスンについて


当教室では、フィドルの他にティンホイッスル(アイルランドの縦笛)や、アイリッシュ・バンジョーテナーギターマンドリンのレッスンも可能です。

 

ティンホイッスルとバンジョー(テナーギター、マンドリン)についてはこちらのページをご覧ください。

 

 

フィドル以外の楽器のレッスンのお申込み、お問合せもこのページの一番下の問い合わせフォームよりお願いいたします。

 

こんな曲を弾いてみたい、こんなテクニックを習いたいなど、色々なご要望に応じてレッスンさせていただきます。

 

遠方にお住まいで、不定期でしか来れない方で、とりあえずこの曲だけを仕上げたいのなどといった方のための一回完結型のレッスンもOKです。

 

 

アイリッシュ音楽 楽器 ギター バンジョー マンドリン
上からテナーギター、マンドリン、バンジョー、ティンホイッスル。これらの楽器も当教室で習うことができます。

よくある質問


教室やレッスンに関してよくお寄せいただく質問と答えをこちらのページにまとめてみました。

フィドル アイリッシュ音楽 レッスン 教室
アイルランドでのフィドルのレッスン風景

演奏サンプル


私「Taka」の演奏サンプルです。

 

・Reel(リール)というタイプの曲です。リールはアイルランドで最もよく弾かれているタイプの曲です。


・Reel No2. 比較的簡単なリールの曲です。レッスンでもよく取り上げています。


・Reel No3. リールをティンホイッスルで吹いています。

初歩的な内容であればティンホイッスルでのレッスンも可能です。

ティンホイッスルについてはこちらのページをご覧ください。


・Reel No.4. テナーギターで弾いています。この楽器も当教室で習えます

テナーギターについてはこちらのページをご覧ください。


・続いてはjig(ジグ)というタイプの曲です。


アイルランドのセッションでの演奏です

セッションはアイルランド独特の文化でもあり、アイリッシュ音楽の演奏形態においてもとても重要な役割を果たしていますセッションについてはこちらのページもご覧になってみてください。


・都内のカフェでのライブ演奏 (暗くて見にくいですが・・)

レッスンのお申込み、お問い合わせ。


フィドル(バイオリン)などアイリッシュ音楽の体験レッスン

 

新型コロナウイルス感染症の対応について

 

3月31日現在、レッスンは普段通りにやっています。

今現在のところ、私自身に関しては特に感染の症状等出ていませんが、対面でのレッスンが不安という方はSkypeなどを利用したオンラインでのレッスンをご検討ください。

オンラインレッスンについてはこちらのページをご覧ください。

 

レッスンのお申し込み、お問い合わせは以下よりお願い致します。


 

なおこちらのページよりオンライン決済でお申込みいただくと、レッスン代が若干お安くなります。オンライン決済でのレッスンのお申込みはこちらへどうぞ。

レッスンをお申し込みされる場合は、

希望楽器 (フィドルまたはティンホイッスル、またはバンジョー)

希望日時 (複数の候補日/時間を挙げていただけると助かります) 

レッスン時間 (60分または30分)

場所 (池袋教室、出張依頼、スカイプ)

楽器のレンタルの有/無 を明記の上お申し込みください。

 

書き方は下を参考にしてみてください。

① フィドル

② 〇月〇日 〇時~〇時、〇月〇日 〇時~〇時 (または〇曜日の〇時~〇時)

③ 60分

④ 池袋

⑤ 楽器の貸し出し希望

 

※携帯(スマホを含む)のメールをお使い方

PCメールから返信いたしますのでパソコンから送信されたメールを受信できる設定にしておいてください。(携帯のアドレスに送って戻ってきてしまったことが何度かありました。)

 

2週間以上先、または月を跨いでのレッスンのご予約に関しては先にレッスン代のお支払いをお願いすることがありますので、ご了承ください。

 

※一度レッスンの予約が確定しますと、生徒さんの都合による変更・キャンセルには、以下の料金が生じますますので、確実にレッスンに来れる日時を選んでレッスンを予約してください。

 

レッスンのキャンセル料:

7日前 50%5~6日前 70%3~4日前 80%2~1日前 90%当日 100%:

 


出張レッスンをお申込みいただく場合はお住まいの地域を明記してください。出張レッスンの際にかかる交通費のお負担をお願いいたします。(池袋駅からの往復料金)

 

私の予備の楽器を持参いたしますので、出張レッスンでも楽器の貸し出し可能です。ただし楽器レンタル代として一回に1,000円*をお申し付けいたします。(楽器2台に加えて、楽譜や教則本を運ばなくてはいけないので・・)*フィドルの場合

 

レッスン会場としてスタジオなど有料施設を使う際は、施設利用料金のご負担もお願いいたします。

 

池袋駅から往復1時間以上かかる場合は均一10,000円(+交通費)とさせていただきます。

 


メモ: * は入力必須項目です

[アイリッシュ音楽の教室/レッスン情報]

[フィドルのレッスン] [ティンホイッスルレッスン]

[バンジョーのレッスン] [オンラインレッスン]

[レッスンのよくある質問] [レッスン代について]

[フィドル/バイオリン関係]

[フィドルとは] [フィドルの購入] [色々なフィドル]

[演奏スタイル] [フィドルの基本の基本] [練習方法]

[フィドルのお勧めCD] [教則本や曲集の紹介]

[お隣の名フィドル奏者] [フィドル奏者名鑑]

[葉加瀬太郎さんアイルランドでフィドルに挑戦]

[ティンホイッスル(縦笛)関連]

[ティンホイッスルとは]

[バンジョー関連]

[バンジョーとは] [色々なバンジョー]

[バンジョーのお勧めCD]

[アイルランド音楽全般]

[アイルランド音楽とは] [アイルランドの楽器]

[アイルランドの曲] [アイルランド音楽の音階]

[アイリッシュ音楽の装飾音]

[アイリッシュ音楽のリズム(ノリの出し方)]

[アイリッシュ音楽のお勧めCD]

[アイリッシュ・セッション] [アイリッシュダンス]

[非伝統系アイルランド音楽(ロック/ポップス etc]

[アイルランド音楽の楽譜]

[ABC譜] [初心者向け定番曲集] [セッション定番曲集]

[アイルランド音楽の試験、指導資格、留学情報]

[アイルランド音楽の試験] [試験のススメ]

[アイリッシュ音楽の試験(SCT Exam)を受験]

[アイリッシュ音楽の認定講師資格試験を受験]

[アイルランド音楽留学情報]

[アイルランド音楽のフェスティバル]

[世界最大のアイリッシュ音楽の祭典「フラー」]

[アイルランド最大の音楽フェス]

[アイルランド音楽の国際コンクール]

[アイリッシュ音楽の国際コンクールに出場]


[Home]

[フィドル(バイオリン)レッスン]

[ティンホイッスルのレッスン]

[バンジョーのレッスン]

[オンライン・レッスン]

[レッスンの料金]

[よくある質問]

[プロフィール]

[お知らせ]

[お問い合わせ]

[フィドルとは]

[アイルランド音楽情報]

[ブログ]

[アイルランド生活]