【アイルランド旅行】 ダウン州 - Co. Down【アイルランド観光】
アイルランドの守護神"聖パトリック"ゆかりの地

Traveling in Ireland - Co. Down

アイルランド ダウン州
        ダウン州の場所

初めてダウン州に来たのは、北アイルランド最高峰のスリーヴ・ドナード山(Slieve Donard)に登ったときでした。

その時の模様はこちらをご覧ください。

アイルランドで山登り - 北アイルランド最高峰 スリーヴ・ドナード山

 

その時はスリーヴ・ドナードに登って、サイレントバレーのダム湖を見ただけだったのですが、せっかく登ったスリーヴ・ドナードは山頂でガスられてしまい、山頂からの眺望を楽しむことができませんでした。

 

季節も12月で日が短く、色々と見て回ることができなかったので、もっとモーン山地をあちこち探検してみよう思い、暖かくなった5月に再びダウン州にやってきました。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

目次

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

ニューカッスルのユースホステル

北アイルランド スリーヴ・ドナード
ニューカッスルのユースホステルの前から見たスリーヴ・ドナード

前回キルキールのホステルに泊まって散々な目にあったので今回はニューカッスルに泊まることにしました。

キルキールのホステルでどんなことがあったのか知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

 

アイルランド ホステル
ニューカッスルのユースホステル

ニューカッスルのユースホステルは国際ユースホステル協会に加盟しているユースホステルです。

 

アイルランド ホステル

ニューカッスルのホステルの内部

左上から時計回りに、受付、リビングルーム、トイレ&シャワー室それとキッチンです。

作りがやや古いですが、普通に使いやすいホステルでした。

 

アイルランド ホステル

部屋は6ベッドのドミトリールーム。

5月の中旬とあって、泊まっているのは私一人だけでした。

 

アイルランド 銀行

旅の始まりの前にまず向かった先は、

銀行です。

お金を降ろさないと。いくらカード社会とは言えポンドが一銭もないとまずいので・・

 

ちなみに上の写真の銀行はニューカッスルのファーストトラスト銀行。

どこからどうみてもAIB*なんですけど、北では店の名前が変わります。

ATMの見た目も操作方法も全く一緒ですが、出てくるお札は北アイルランド独自のポンド札です。

*南の銀行。店構えがどこからどうみてもファーストトラスト銀行と同じような感じなのです。

北と南の銀行の違いはこちらの記事でも取り上げています。

アイルランドで山登り - ファーマナ州(北)/キャバン州(南)の最高峰 キルカー山

 

アイルランド 田舎
適当に車を走らせている時に撮ったダウン州の「Middle of nowhere」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

今回は

 

登ってみたい山がいくつかあるので、登れる限り登ってみる。

 

前回の旅でダウン州には、巨大なドルメンや立石などの遺跡が多数あることを知ったので、それらを見に行ってみる。

 

聖パトリックの伝説が残る遺跡やら教会やらがあるということなので、それらも回ってみる。

 

と、この3つを目標に掲げていたので、

 

まず初日は雲行きが怪しかったので、山登りはやめて石探しに出かけました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

モーン山地周辺でドルメンやスタンディングストーンを探してみる

超巨大なゴワード・ドルメン

アイルランド ドルメン 遺跡

まず最初に訪れたのはゴワード・ドルメン(Goward Dolmen)というドルメン。

フィンズ・フィンガー(Finn's Finger)とかパット・カーニーの大きな石(Pat Kearney's Big Stone)といった別名もあるようですが、地図にはゴワード・ドルメンとして載っています。

フィンズ・フィンガーの"フィン"は伝説の巨人フィン・マックールのことだそうです。

 

アイルランド ドルメン 遺跡

フィン・マックールの指くらいの大きさといっても、私の背丈よりはるかにでかい!!

 

アイルランド 遺跡

ドルメンの傍らには何やら古そうな石がごろごろしています。

もともとここにあった古墳の残骸らしいです。(古墳の石室の部分がドルメン)

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド 遺跡

ゴワードのドルメンの次に訪れたのはドルメナ・キャッシェル(Drumena Cashel)という石造りの砦。

 

アイルランド 観光 旅行

ストーン・サークルではなくストーン・フォート(Stone Fort)というものになるそうです。

 

アイルランド 観光 旅行
ドルメナ・キャッシェルの解説板

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

レガナニーのドルメン

アイルランド ドルメン

続いて訪れたのは有名なレガナニーのドルメン(Legannany Dolmen)

この辺じゃクレアのプルーナブローン・ドルメンよりも有名かも

 

5千年くらい前に作られたものらしいです。

 

アイルランド ドルメン

先ほどのゴワード・ドルメンほどではありませんが、私の背丈よりも高いです。

 

アイルランド ドルメン

レガナニードルメンが模られたドルメンの向かいのお宅の牧場の門です。

 

アイルランド 観光 旅行

レガナニードルメンの近くにあった納屋(?)のような建物。

中にはニワトリがたくさん居ました。アイルランド版養鶏場(!?)

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

ドナモアのハイクロス

アイルランド ハイクロス ケルト十字

続いて訪れたのがドナモアのハイクロス(Donaghmore High Cross)。

9~10世紀頃のハイクロスだそうです。

 

アイルランド ハイクロス ケルト十字

アダムとイヴ、モーセとダビデが刻まれているそうです。(他にもありそうだけど判別不可能?)

アイルランド 田舎

ドナモアのハイクロスのある教会の近くにあった廃校になった建物。

アイルランドでは元校舎だった建物、元駅舎だった建物をよく見かけます。

完全に廃墟と化しているものもあれば、住居やお店として使われていたりするものもあって、廃校、廃駅舎巡りの旅もなかなか面白いです。

このサイトでも廃校、廃駅舎特集ページを作る予定ですので乞うご期待!

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド 田舎
上のドナモアのハイクロスの近くの景色。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

人の背丈よりも高いスタンディングストーン(立石)が多くあるダウン州

アイルランド 観光 旅行

再びニューカッスル方面へ戻ります。

これはその途中にあったクロバーン(またはクロベーン)の立石。(Crobane Standing Stone)

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド ドルメン
こちらはバーンミーンの立石。(Barnmeen Standing Stone)
アイルランド ドルメン
人の背丈と比べるとこんな感じです。3メートル以上はありそうです。
アイルランド ドルメン

これはアナロングという所にあるロングストーン。後ろに見えるのはモーン山地です。

 

アイルランド ドルメン

人の背丈と比べるとこんな感じ。先に出てきた立石よりやや低いくらいでしょうか。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

モーン山地の狭間で北アイルランドの複雑な事情を垣間見る

北アイルランド 旅行

石を探して車を走らせていた時に見つけました。

 

知らない人にとってはただの赤と黒に塗り分けられた塀ですが、このカラーはダウン州のGAAカラーなんです。

 

GAAとはゲーリック・アスレティック・アソシエーション(Gaelic Athletic Association)の略で、日本ではゲーリック体育協会と紹介されています。

 

GAAはゲーリック・フットボールやアイルランドの国技と言われるハーリングといったアイルランドの伝統的なスポーツの統括と普及を目的とした団体です。

 

アイルランド全ての県に支部があり、それぞれの県のユニフォームというのが定められています。

 

そのユニフォームのカラーというのが、ダウン州の場合は赤黒なんです。

 

GAAのスポーツのチームは北アイルランドの各州にありますが、アイルランドの伝統スポーツをやるの普通はカトリックです。プロテスタントの選手というのは滅多に聞いたことがありません。

 

つまりこの塀があるところはカトリックの居住区ということになるわけです。

アイルランド ゲーリックフットボール
参考までにダウン州のGAAユニフォームを着たゲーリックフットボール選手です.
北アイルランド 旅行

こちらはキルキールの町の中心部。

ユニオンジャックの旗が掲げられているので、ここはプロテスタントの居住区ということになります。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

再びニューカッスルへ

北アイルランド 旅行

さてニューカッスルの町に戻って、それから向かった先は「マハラ」というところにある教会とラウンドタワー。

ここダウン州で初めてマハラ(Maghera)という地名を見たときはびっくりしてしまいました。

なぜって全く同じ地名が私の住むフィークルの近くにもあるからなんです。

アイルランドの中で同じ地名は別に珍しくもないのですが、「マハラ」はフィークル付近だと特別な地域だけに、ダウン州でもマハラを見たら行かないわけにいかないのです。

 

北アイルランド 旅行

これがマハラの教会。

ちなみにこれは現役の教会で、実はこの裏に古い崩れ落ちた教会の跡地があって、そっちの方が見る価値のあるものだったのですが、見てくるのを忘れてしまいました・・

 

アイルランド ラウンドタワー

こちらはマハラのラウンドタワー。

残念ながら根本の方しか残っていません・・

 

マハラの教会の説明書き

マハラの教会とラウンドタワーの説明板。

ちゃんと古い教会のことも書いてあったのに、よく読んでいませんでした・・

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

Peking Corner New Castle

この日のディナーはニューカッスルの中華テイクアウト店「北京コーナー(Peking Corner)」で調達。

北京がベイジン(Beijing)ではなくペキン(Peking)と綴るのが珍しいかも。

 

Peking Corner New Castle

アイルランドのチャイニーズテイクアウェイ店によくあるあるの店構え。

調理場の様子が全く見えないのです。カウンターには受付のお姉さん、大抵は地元のお姉ちゃんが一人で番をしていて、オーダーを取ったら調理場に伝えます。メニューのほとんどは調理済みでオーダーが来たらざっと温めなおすだけで出すので、待たされることはほとんどありません。

 

アイルランド 食事
ペキンコーナーのメニュー。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

南アイルランド産だけど、北の方でよく飲まれているハープ・ラガー

アイルランド ハープ ビール

夕食後は近くのパブに行ってみました。

アイルランド共和国産のビールなのに、なぜか共和国よりも北アイルランドの方でよく消費されている「ハープ」というラガービールを飲んでみました。

 

アイルランド ハープ ビール

ハープはダンドークで製造されているアイルランドのラガービールで、ギネスが販売元になっています。

アイルランド共和国のパブやスーパーでも見ますが、南の人はあまり飲まないらしいです。クレア辺りだとラガーといえばハイネケンとかカールスバーグがポピュラーな印象があります。

 

アイルランド ハープ ビール

恐らく上の3つのブランドが、北アイルランドで人気のビールの御三家だと思います。

ギネスとハープは南でも見ますが、黄色地に赤のTのマークのビールは南では滅多に見ません。これはテネンツというスコットランドのビールの会社で、スコットランドでは超ポピュラーだそうです。本国スコットランドではスタウトやエールも出しているそうですが、北アイルランドで見るのはラガーだけです。

ラガーのブランドとしてはハープと人気を二分しているメーカーです。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

巨大岩、怪石の宝庫、サイレントバレーのスリーヴ・ビニアン登頂

翌日はまず朝一でサイレントバレー*のスリーヴ・ビニアンに登りました。

*サイレント・ヴァリーとも

天気は今一つ・・

どうも私はここモーン山地では天気に見放されているようです。

アイルランド 旅行 観光
スリーヴ・ビニアン登山ルートマップ

スリーヴ・ビニアンはサイレントバレーの貯水池のすぐ脇に聳える747メートルの山です。

ガイドブックによるとアナロングの森や、古い石切り場の跡などが見どころとのことですが、私は山の頂上にあるという怪しげな岩を見てみたいのと、サイレントバレーの貯水池をから眺めてみたかったのが、この山に登ろうと思った理由です。

 

アイルランドでも山火事!!

アイルランド ハイキング

歩き始めて山並みを見てびっくり!

山の頂上まで燃えた痕が・・

この年は春先に南北アイルランドのあちこちの山で山火事が発生して、特にモーン山地はひどかったと聞いていたのですが、ここまで酷いとは思っていなかったのでびっくりしました。

 

アイルランド ハイキング ウォーキング

ほとんど禿山状態の山を歩いていきます。

 

アイルランドで山火事と聞いてもピンと来ない人も居ると思いますが、アイルランドやイギリスでも山火事ってあるんです。

多いのが春先の4~5月にかけてで、アイルランドでは大半の山火事は「ゴース・ファイヤ(gorse fire)」と呼ぶ火事であることが多いです。

ゴースとはハリエニシダという植物で、これが原因となって引き起こされる山火事が多いとのことです。

 

アイルランド ハリエニシダ

ハリエニシダとはこういう植物です。

年中見る植物ですが花が一番咲き誇るのは春先から初夏にかけてだと思います。

アイルランドの春から夏にかけては山の中でよく見ます。

ちなみにこいつは登山客の敵です。

名の通りハリというかトゲがあって、登山道の整備されていないアイルランドだとこいつに行方を阻まれることがよくあるんです。

いっそ燃えてなくなっちまえと思ったことは何度もあります。

 

アイルランド ハイキング ウォーキング

有名なアナロングの森もご覧の有様です。

ゴースファイヤとはハリエニシダが自然発火して起こるのかどうかはよくは分かりません。

この年に起こった山火事は放火の可能性もあると言っていました。

また日本でも野焼きの習慣がありますが、アイルランドでも春先に農家さんがハリエニシダを焼く習慣があります。

ハリエニシダは放牧で野山を歩く農家さんにとっても好ましくない植物なのです。時に農家さんが焼いていたハリエニシダの火が燃え広がって大規模な山火事に発展することもあります。

 

アイルランド ウォーキング
禿山の方が歩きやすいといえば歩きやすいんですが・・
アイルランド ハイキング ウォーキング

途中からモーンウォールに合流して、壁伝いに歩きます。

この辺りのモーンウォールは作りが華奢です。

 

北アイルランド サイレント バレー ヴァレー ヴァリー

途中の写真は割愛して、いきなり頂上です。

サイレントバレーをスリーヴ・ビニアン山頂から見るとこんな風に見えます。

 

アイルランド 登山
ここまでの道のり
アイルランド ハイキング ウォーキング

ここまでの距離3.94km、所要時間1時間18分でした。Time of Day(現在時刻)が7:59となっているのは午前7:59分のことです。早起きして歩いてきたんです。

 

巨石・怪石のオンパレード

アイルランド ハイキング ウォーキング

スリーヴ・ビニアン山頂には不思議な形をした岩がいっぱいです。

どれも人の背丈に比べたらずっと大きいものばかりです。

 

アイルランド ハイキング
こういうのとか
アイルランド ハイキング ウォーキング

こんなのがあります。

形の不思議さで言えばジャイアンツ・コーズウェイに負けていないような気がします。

 

アイルランド ハイキング ウォーキング

スリーヴ・ビニアンから見たスリーヴ・ドナードです。

 

アイルランド ハイキング ウォーキング

ズームして見てみます。

山肌見える縦筋はモーンウォールです。

前にブラッディブリッジからのルートで登ったときに、このモーンウォールに沿って歩きました。

こうやってみると結構傾斜がキツそうですよね。

スリーヴ・ドナードの山肌も燃えた痕があるので、この辺も山火事があったみたいです。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランドの〇〇〇〇

アイルランド ナメクジ
閲覧注意!(クリックで拡大できます)

足元にナメクジが居るのを発見。

アイルランドのナメクジってグロいので画像縮小して載せました。クリックするとでかくなります。塩を振ると小さくなります(笑)

フィークルの家では良き相棒でもあり、敵でもあります。

家の生ごみ処理係です。

鉢植えの花を食べようものなら、塩を振って追い返します。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

聖パトリックのゆかりのダウンパトリックの町へ

アイルランド 旅行 観光

スリーヴ・ビニアンを登り終えた後はダウン州の州都であるダウンパトリックへと向かいます。

ダウン州にはアイルランドの守護聖人である聖パトリックゆかりの地が多くあります。

そんな聖パトリックゆかりの地を訪ね歩く「聖パトリック・トレイル」というコースもあります。

 

アイルランド 旅行 観光

ニューカッスルの町を出る時に見かけたバス停。

現役のバス停なのか、昔のやつが残っているだけなのか分かりませんが、時刻表も行先も何も書いてない、石造りのバス停です。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド 旅行
ダウン州の州都のダウンパトリックの町中です。
アイルランド 聖パトリック セントパトリック

ダウンパトリックといえば聖パトリックのお膝元。

町の中心部には聖パトリックセンターという立派な観光施設があります。

 

アイルランド 聖パトリック セントパトリック

聖パトリックセンターの中。聖パトリックに関係した色々な展示があります。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

セイント・パトリックのお墓がある教会 - ダウン大聖堂

アイルランド 聖パトリック

これはダウンパトリックのランドマークにもなっている「ダウン大聖堂(Down Cathedral)」。

チャーチオブアイルランドの教会、すなわちプロテスタントの教会です。

この教会には聖パトリックのお墓があります。

 

アイルランド 聖パトリック

これが聖パトリックの墓石です。

聖パトリックはこの下に埋葬されています。

 

アイルランド 聖パトリック
墓石にはシンプルにケルト十字と名前だけが刻まれています。
アイルランド 聖パトリック

聖パトリックについての解説板。

毎年パトリックスデーの日(3月17日 = 聖パトリックの命日)には各地から多くの参拝者が訪れるそうです。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド 観光 旅行

聖パトリックとは全然関係がないのですが、ダウンパトリックの公共のトイレのドアにこんなものが貼ってありました。

うーん、すごいストレートな感じがするんですが・・

他のはしちゃいけないのかな?

 

アイルランド スポーツ

ちなみにこれは公共トイレと同じ敷地の公共の駐車場に停めてあった車についていたGAA応援グッズ。こういうのは北に来ても共通のようです。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

聖パトリックの名を冠したスリーヴ・パトリック山 (Slieve Patrick)

アイルランド 聖パトリック

ここはダウンパトリックのお隣のソール(Saul)という村にあるスリーヴ・パトリック(Slieve Patrick)という丘です。

 

アイルランド GPS

スリーヴ・パトリック(Slieve Patrick) = パトリックの山という意味です。

ちなみにここの地名をゲール語で綴るとSabhall Phádraig(ソール・ぽーどリック=パトリックの納屋)となります。

ソールは聖パトリックがキリスト教の布教にアイルランドに再上陸した後に最初に教会を立てた場所とされています。

 

アイルランド 聖パトリック
丘の上には巨大な聖パトリックの像が立っています。
アイルランド 聖パトリック

この像は1932年に聖パトリックのアイルランド上陸1500年を記念して建立されました。

 

アイルランド 田舎
スリーヴ・パトリックからの眺め
アイルランド 田舎

この教会はソール村のシンボルともいえる聖パトリック・メモリアル教会という教会。

 

アイルランド 教会

ここはアイルランドに上陸した聖パトリックが最初に教会を建てた所なのです。

現在の教会の建物は上の聖パトリックの像と同じく聖パトリックの上陸1500年を記念して1932年に10世紀のケルト教会を模して建てられたそうです。

ちなみにこの教会もチャーチオブアイルランド(アイルランド国教会)の教会なので、プロテスタントの教会になります。

同じ村の別の場所にはカトリックの教会もあります。

 

アイルランドのキリスト教はややこしくて、アイルランド国教会(Church of Ireland)は「アイルランドの国の教会」といいますが、基本的にはイギリス国教会の流れを汲むので宗派としてはプロテスタントになります。

 

プロテスタントではあるのですが、アイルランド国教会の守護聖人はやはり聖パトリックということで、北アイルランドにはカトリックの「聖パトリック教会」とプロテスタントの「聖パトリック教会」の2つの「聖パトリック教会」がある町や村があります。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

フェリーに乗ってアイルランド最東端のアーズ半島(Ards Peninsula)へ

アイルランド 観光 旅行

ここはソールの村の東にあるストラングフォードという所。

聖パトリックが最初にアイルランドに上陸した所がここら辺だったらしいです。

 

アイルランド 聖パトリック
ストラングフォード周辺地図(クリックするとで拡大できます)
アイルランド フェリー

入り江の対岸はポーターフェリー(Portaferry)という町で、フェリーで渡ることが出来ます。

 

アイルランド フェリー

アイルランドにはこの手の渡し舟が出ているところが多いですね。クレア-ケリー間、ウォーターフォード-ウェックスフォード間、ドネゴール-デリー間などにもフェリーで行き来できるところがあります。

 

アイルランド 観光 旅行
対岸のポーターフェリーの町並み
アイルランド パブ アイリッシュパブ

ポーターフェリーのフィドラーズ・グリーンというパブ。

セッションもやっているそうです。

ちなみに木曜日はテーブルクイズ*の日だそうです。

*アイルランドのパブでよくやっているクイズ大会。テーブルことにチームを分けて、パブのオーナーだったり地元の名物親父みたいのが出すクイズに答えます。