Home

バンジョーのレッスン

アイリッシュ音楽で使われているバンジョーのレッスンについて

 

バンジョー テナーバンジョー 4弦

バンジョーとは


バンジョーはアフリカに起源を持つ弦楽器です。

 

胴体が太鼓と同じ構造になっているのが特徴です。

 

バンジョー Banjo ミンストレルショー

大昔のバンジョー

バンジョーはアフリカに起源を持つ楽器だそうです

 

バンジョー 太鼓 ドラム

バンジョーの胴体の部分はほぼ太鼓と同じ構造になっています。

叩いて演奏することもあるのですか?と聞かれることがあるのですが、

バンジョーを叩いて演奏することはほとんどないような気がします。

 

REMO ドラム バンジョー

ドラムと同じ構造を持つ楽器だけに

ドラムスのメーカーがバンジョーの部品を作っていたりします

ドラムヘッド(太鼓の皮)のメーカーとして有名な「REMO」は

バンジョー用のドラムヘッドも作っています

 

バンジョー 構造

バンジョーには金属製の部品が多く使われています。

 

バンジョーには「これがバンジョー」といえるような決まったものはなく、大きさや弦の本数の違う様々なバンジョーがあります。

 

どのバンジョーを使うかは、音楽のジャンルによって変わります。

 

バンジョー バスバンジョー ウクレレバンジョー ギターバンジョー

 

アイリッシュ音楽では「アイリッシュテナーバンジョー」という弦が4本のバンジョーが使われています。当教室で教えているバンジョーも「アイリッシュ・テナーバンジョー」になります。アイリッシュ・テナー・バンジョー以外のバンジョーは教えていません。

バンジョー アイリッシュ テナー

アイリッシュ音楽で使われているアイリッシュ・テナーバンジョーは、フィドル(バイオリン)と同じ調弦を用いるのが特徴です。

 

演奏法もフィドル(バイオリン)に近く、ギターのようにコードをかき鳴らすような演奏はしません。

 

左手の指使いはフィドル(バイオリン)と同じなので、アイリッシュ音楽の世界ではバンジョーとフィドル(バイオリン)を兼ねる奏者は珍しくありません。

 

派生楽器としてマンドリンテナーギターといった楽器もあり、バンジョー奏者の中にはこれらも演奏する奏者がいます。

 

 

テナーバンジョー アイリッシュ音楽

アイリッシュ音楽では4弦の「テナーバンジョー」が使われています。

調弦はフィドル(バイオリン)と同じように低い方から「GDAE (ソレラミ)」と調弦します。

 

バンジョーとバイオリン バンジョー ヴァイオリン
テナーギター アイリッシュ音楽

派生楽器のテナーギター

テナーギターは弦の数が4本で低い方から「GDAE (ソレラミ)」と調弦します。

弾き方はバンジョーとまったく同じです。

音はギターの音になります。

 

目次に戻る

バンジョーの購入について


バンジョーを始めるにあたって、まず必要となるのがバンジョーそのものです。

 

バンジョーといっても5弦バンジョーとか6弦バンジョー等色々なものが出回っています。

 

アイリッシュ音楽の世界で使われているバンジョーは4弦の「アイリッシュ・テナー・バンジョー」です。4弦のバンジョーといってもディキシーランドジャズなどで使われているプレクトラムバンジョーやウクレレバンジョーなどもあるので注意が必要です。

 

日本だと5弦バンジョーや6弦のギターバンジョーを取り扱っている楽器屋さんはそこそこありますが、4弦のアイリッシュテナーバンジョーを取り扱っている楽器屋さんは非常に少ないです。

 

もしインターネットで買い物をすることに不安がないのであれば、アイルランドにある楽器屋さん、またはアイルランドのバンジョー製作家さんのサイトから直接購入するのが一番間違いがないと思います。

 

クレジットカード*をお持ちで、名前と住所をローマ字で入力できれば、日本からでも簡単にアイルランドの通販サイト、製作家さんのホームページからバンジョーを買うことができます。(*アイルランドの通販サイトだとビザかマスターだけという所も多いのでJCBやアメックスの方は注意が必要です)

 

下の「Clareen Banjos」というアイルランドのバンジョー製作家さんのサイトだと、在庫のあるバンジョーであれば1週間くらいで日本に届きます。私自身のバンジョーも「Clareen Banjo」から購入しました。

 

楽器の購入に関しても色々とご相談に乗りますので、興味のある方はまず一度体験レッスンを受講してみてみるのがいいかなと思います。

バンジョーのレッスンについて


私のレッスンではアイルランド(アイリッシュ)の伝統音楽を弾くための基本的なことに重点を置いた内容のレッスンが中心となっています。

 

・アイルランドの伝統曲の基本的な奏法

・アイリッシュ音楽特有の装飾音の付け方

・アイリッシュ音楽独特のリズム感の出し方(ノリの出し方)

・バリエーションの付け方など、

 

基本的なことを楽譜を用いず、耳で聞いて学ぶ現地流の教え方でレッスンを進めていきます。

 

アイルランドの音楽は全ての楽器が同じ旋律(メロディ)を演奏する音楽なので、先にバンジョーで基礎を学んでおけば、後々マンドリンやテナーギター、フィドル(バイオリン)なども弾けるようになります。

 

アイリッシュ音楽 弦楽器 ケルト

左からテナーギター、バンジョー、マンドリン、フィドル(バイオリン)

これらの楽器は全て同じ調弦「GDAE」で調弦されます。

左手の指使いが全く同じなので、どれが一台弾ければ残りの3つも

簡単に弾けてしまいます。

目次に戻る 

こんな方に向いています


以下のような方はバンジョー(またはマンドリン、テナーギター)に向いていると思います。 

 

・バンジョー、マンドリン、テナーギターなどに興味がある、弾いてみたい。

 

・バンジョーが好き!(またはマンドリン、テナーギターが好き!)

 

・ギター(またはウクレレ、マンドリン等)の経験があるので、アイリッシュ音楽でもこれまでの経験を活かせる楽器をやってみたい。

 

・憧れのアイリッシュ音楽の奏者がバンジョー(またはマンドリン、テナーギター)の奏者で、その奏者のように弾いてみたい。(私自身の場合はこれが理由でバンジョーを始めました)

 

・アイリッシュ音楽のメロディーが好きで自分でも何か弾いてみたいけど、どの楽器が自分に向いているか分からない。できれば楽器の値段があまり高くなく、簡単に音の出せる楽器がいい。(バンジョー、テナーギター、マンドリンどれでもOKです)

 

・大きくて重たい楽器は嫌だ・・・ (こういう方にはマンドリンがお勧めです)

 

・ティンホイッスルを試してみたけど、高い音を出すと耳に響くし、音量も大きいのであまり好きではない・・ (こういう方にはマンドリンかテナーギターがお勧めです)

 

・ゆくゆくはフィドルをやってみたいけど、ボウイング(弓使い)の練習をしている時間がなくって・・・ でも将来フィドルを始めた時に役に立つ楽器をやっておきたい。(バンジョー、マンドリン、テナーギターどれでもOKです)

 

などなど、このようなには方にぜひバンジョー(またはマンドリン、テナーギター)がお勧めします。

 

目次に戻る

レッスン代について


 

レッスン代は1回3,000円*より。(*レッスンの回数、時間、場所によって異なります)

 

入会金はありません。

 

基本的に個人レッスンです。ご要望があればお友達同士など2人、3人でのレッスンや、グループ形式のレッスンも可能です。その際のレッスン代/レッスン時間についてはお問い合わせください。

 

レッスン料金の詳細はこちらのページをご覧ください。

 

バンジョー レッスン 教室

バンジョーのグループレッスンの模様

 

目次に戻る

レッスンの曜日、時間など


 

レッスンの曜日、時間は講師と生徒さんのそれぞれの都合に合わせて、レッスン毎にレッスン日時を決めるフリータイム制となっています。

 

 「毎月第〇曜日の〇時~」など曜日と時間を指定して継続していただくことも可能です。

 

レッスン時間は基本1回1時間です。(1回1時間以上/以下のレッスンも可能です)

 

レッスン可能時間は特に決めていないのですが、早い方は午前7時くらいからでもレッスン可能です。遅い方は午後11時くらいまで大丈夫です。

 

朝活で出勤前などに寄っていただいても大丈夫ですし、お勤めが終わってから寄っていただいても大丈夫です。

 

場所と時間の都合が合えば出張レッスンも可能です。(要交通費)

 

目次に戻る

楽器のレンタルについて


教室備え付けの楽器がありますので、一番最初の体験レッスンの際は楽器をお持ちでなくても大丈夫です。

 

ちょっと体験としてみようと思ったら、まず教室の楽器で試してみてから、レッスンを続けるかどうか、ご自分の楽器を買うかどうか決めていただいて大丈夫です。

 

毎回のレッスンの度に楽器を持って出るのが大変ということでしたら、レッスンの時は教室の楽器を使っていただいても構いません。

 

目次に戻る

教室の場所について


教室は池袋にあります。池袋駅より徒歩5分のところです。

 

教室に通っていただく以外にオンラインでのレッスンもやっています。

オンラインでのレッスンについてはこちらのページをご覧ください。

 

 

目次に戻る

体験レッスンのお申込み/お問い合わせ


 体験をご希望の方は1回1時間5,500円(30分3,000円)にて受講していただけます。

 

教室でのレッスンのほか、スカイプなどを利用したオンラインでのレッスン、出張レッスンも可能です。 

 

レッスンのお申込み、お問い合わせはこちらよりお願いいたします。

 

目次に戻る

講師の演奏サンプル


以下は講師の演奏サンプルです。

教室でよく教えるベーシックな曲を中心に載せてみました。

 

「リール」というタイプの曲です。

比較的簡単な部類の曲で、当教室でも最初の方に習うリールの定番となっています

 

「ジグ」というタイプの曲です。

当教室の定番曲となっています。

 

上と同じく「ジグ」というタイプの曲をマンドリンで弾いています。

当教室ではマンドリンを習っていただくことも可能です。

 

この曲はテナーギターで弾いています。

アイリッシュ・バンジョーの巨匠ジェリー・オコーナーによって作曲された曲です

 

テナーギターで弾いた「リール」というタイプの曲です。

初心者さん向けの代表曲の一曲として知られています。

 

目次に戻る

講師について


講師の「Taka」はアイルランドで音楽を学びました。

 

アイルランドにはもともと語学留学で行ったのですが、留学中に現地の音楽のことを知り、現地のアイリッシュパブ(居酒屋さんのようなところ)でやっているセッションに参加してみたくなったのが、音楽を始めたきっかけです。

 

アイリッシュパブ アイリッシュ音楽 セッション

一番最初に始めた楽器はティンホイッスルでした。

 

ティンホイッスルの次に始めた楽器がバンジョーで、現在はフィドル(アイリッシュ音楽で使われるバイオリン)をメインに弾いています。

 

2015年にアイルランド音楽の国際協会「Comahaltas Ceoltóirí Éireann」が実施するアイリッシュ音楽の公認指導者の資格試験に日本人として初めて合格しました。

 

以来フィドルをメインにティンホイッスルやバンジョーの演奏や指導をしています。

 

演奏家としては2019年にアイリッシュ音楽の国際コンクール「Fleadh Cheoil na hÉireann」において日本人およびアジア人初となる2位に入賞しました。

 

指導者としては現地で学んだ経験をいかして、アイルランドの先生から習っているのと遜色のないような教え方を心がけています。

レッスンのお申し込み、お問い合わせは以下よりお願い致します。


 

なおこちらのページよりオンライン決済でお申込みいただくと、レッスン代が若干お安くなります。オンライン決済でのレッスンのお申込みはこちらへどうぞ。

レッスンをお申し込みされる場合は、

希望日時 (複数の候補日/時間を挙げていただけると助かります) 

レッスン時間 (60分または30分)

場所 (池袋教室、出張依頼、スカイプ)

楽器のレンタルの有/無 を明記の上お申し込みください。

 

書き方は下を参考にしてみてください。

① 〇月〇日 〇時~〇時、〇月〇日 〇時~〇時 (または〇曜日の〇時~〇時)

② 60分

③ 池袋

④ 楽器の貸し出し希望

 

※携帯(スマホを含む)のメールをお使い方

PCメールから返信いたしますのでパソコンから送信されたメールを受信できる設定にしておいてください。(携帯のアドレスに送って戻ってきてしまったことが何度かありました。)

 

2週間以上先、または月を跨いでのレッスンのご予約に関しては先にレッスン代のお支払いをお願いすることがありますので、ご了承ください。

 

※一度レッスンの予約が確定しますと、生徒さんの都合による変更・キャンセルには、以下の料金が生じますますので、確実にレッスンに来れる日時を選んでレッスンを予約してください。

 

レッスンのキャンセル料:

7日前 50%5~6日前 70%3~4日前 80%2~1日前 90%当日 100%:

 

スカイプでのレッスンを希望される場合は以下のような流れになります。

 

① レッスンのお申込み 

② レッスン日/時間が確定しましたら、レッスン代の振り込み先をご連絡いたします。

③ レッスン代のお振込み (前日までにお支払いいただくようお願いしています。)

④ お振込みを確認したら当方のスカイプ名をご連絡いたします。

⑤ レッスン当日お約束した時間になりましたら、ご連絡したスカイプ名に通話してください。

 

出張レッスンをお申込みいただく場合はお住まいの地域を明記してください。出張レッスンの際にかかる交通費のお負担をお願いいたします。(池袋駅からの往復料金)

 

私の予備の楽器を持参いたしますので、出張レッスンでも楽器の貸し出し可能です。ただし楽器レンタル代として一回に2,000円*をお申し付けいたします。(楽器2台に加えて、楽譜や教則本を運ばなくてはいけないので・・)

 

レッスン会場としてスタジオなど有料施設を使う際は、施設利用料金のご負担もお願いいたします。

 

池袋駅から往復1時間以上かかる場合は均一10,000円(+交通費)とさせていただきます。


メモ: * は入力必須項目です



[アイリッシュ音楽の教室/レッスン情報]

[フィドルのレッスン] [ティンホイッスルレッスン]

[バンジョーのレッスン] [オンラインレッスン]

[レッスン代について] [レッスンのよくある質問]

[フィドル/バイオリン関係]

[フィドルとは] [フィドルの購入] [色々なフィドル]

[演奏スタイル] [フィドルの基本の基本] [練習方法]

[フィドルのお勧めCD] [教則本や曲集の紹介]

[お隣の名フィドル奏者] [フィドル奏者名鑑]

[葉加瀬太郎さんアイルランドでフィドルに挑戦]

[ティンホイッスル(縦笛)関連]

[ティンホイッスルとは]

[バンジョー関連]

[バンジョーとは] [色々なバンジョー]

[バンジョーのお勧めCD]

[アイルランド音楽全般]

[アイルランド音楽とは] [アイルランドの楽器]

[アイルランドの曲] [アイルランド音楽の音階]

[アイリッシュ音楽の装飾音]

[アイリッシュ音楽のリズム(ノリの出し方)]

[アイリッシュ音楽のお勧めCD]

[アイリッシュ・セッション] [アイリッシュダンス]

[非伝統系アイルランド音楽(ロック/ポップス etc]

[アイルランド音楽の楽譜]

[ABC譜] [初心者向け定番曲集] [セッション定番曲集]

[アイルランド音楽の試験、指導資格、留学情報]

[アイルランド音楽の試験] [試験のススメ]

[アイリッシュ音楽の試験(SCT Exam)を受験]

[アイリッシュ音楽の認定講師資格試験を受験]

[アイルランド音楽留学情報]

[アイルランド音楽のフェスティバル]

[世界最大のアイリッシュ音楽の祭典「フラー」]

[アイルランド最大の音楽フェス]

[アイルランド音楽の国際コンクール]

[アイリッシュ音楽の国際コンクールに出場]

 


 

[Home]

[フィドル(バイオリン)レッスン]

[ティンホイッスルのレッスン]

[バンジョーのレッスン]

[オンライン・レッスン]

[レッスンの料金]

[よくある質問]

[プロフィール]

[お知らせ]

[お問い合わせ]

[フィドルとは]

[アイルランド音楽情報]

[ブログ]

[アイルランド生活]