アイルランド(アイリッシュ)音楽とは
What is Irish Music

 

このページではアイルランド(アイリッシュ)音楽についての全般的なことについて解説しています。

 


 

目次

 

・アイルランド(アイリッシュ)音楽とは

・ケルト音楽とアイルランド音楽

アイリッシュ音楽で使われている楽器

アイルランドで演奏されている曲 

演奏される場所について

アイルランドでアイルランド音楽とは

・アイルランド音楽の演奏の特徴① - 基本はダンス曲

・アイルランド音楽の演奏の特徴② - 全ての楽器が同じ通りに

・アイルランド音楽の演奏の特徴③ - 色々な楽器が弾ける

・アイルランド音楽の演奏の特徴④ - 楽譜通りに弾かない

・アイルランド音楽の学び方① - 見よう見まねが基本

・アイルランド音楽の学び方② - 現地の学び方

・アイルランド音楽の学び方③ - YouTubeには注意

・フィドルとバイオリンの違い 

 


 

 

アイルランド(アイリッシュ)音楽とは
What is Irish Traditional Music?

definition of traditional music

 

 アイルランド(アイリッシュ)音楽とはイギリスの「アイルランド」で伝統的に演奏されている音楽のことです。

アイルランドの位置

アイルランドはイギリスのお隣の島国です。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 アイルランドの音楽というと「ロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)」や「庭の千草」といった、日本でも古くから親しまれているアイルランド民謡を思い浮かべる方も多いと思います。

 

しかし、これらの曲は現地ではあまり弾かることがありません

 

庭の千草 アイルランド民謡

 

日本でもお馴染みのアイルランド民謡「庭の千草」。

アイルランドで弾かれる機会は意外と少ないのです。

  

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

またアイルランドの音楽というと、U2や、エンヤが歌う歌も「アイルランド人が演じた音楽」という意味では、アイリッシュ・ミュージックの一部とも言えないこともないですが・・・

 

U2やエンヤの音楽は「アイリッシュ音楽」ではなく、ポップスやロックに分類されます。

 

アイルランド 音楽 U2 エンヤ

アイルランドを代表する世界的なアーティストU2(左)とエンヤ(右)

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランドで今日「アイリッシュミュージック」と言えば「リール」や「ジグ」などのダンス曲や、アイルランドの伝統的な歌唱法「シャンノース」の歌を指します。

 

"アイリッシュ音楽"といえば、通常はこういう音楽のことをアイリッシュ音楽といいます。フィドル(ヴァイオリン)による伝統的なダンス曲の演奏です。

 

目次に戻る



 

ケルト音楽とアイルランド音楽
アイルランド音楽 = ケルト音楽?

Difference between Irish & Celtic Music

 

 

 アイリッシュ音楽のことを「ケルト音楽」と呼ぶこともあります

 

ケルト音楽」というと、アイルランドだけでなく、スコットランドや、フランスのブルターニュ地方、スペインのガリシア地方などの音楽も「ケルト音楽」になります。

 

「アイルランド音楽=ケルト音楽」ではなく、ケルト音楽の中にアイルランドの音楽も含まれるということになるでしょうか。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

「ケルト音楽」といっても実際に演奏されている楽曲や楽器はそれぞれの国で異なるので、アイリッシュ音楽が弾けるからといって他の国のケルト音楽も弾けるか、というとそう簡単にはいかないものです。

 

といって全く共通性がないわけでもありません。

 

ケルトの音楽の中で共通するものといえば、「バグパイプ」でしょうか。

 

ケルト文化圏の国それぞれに独自のバグパイプ伝えられています。

ケルト音楽 バグパイプ

左からスコットランドの「ハイランドパイプス」、フランス、ブルターニュ地方のバグパイプ「Binioù」、スペインのガリシア地方のバグパイプ「ガイタ(Gaita)」、イギリスのノーザンブリアン・スモール・パイプス(Northumbrian Small Pipes)

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

バグパイプはアイルランド音楽でも使われています。

 

アイルランドのバグパイプは「イリアン・パイプス (Uilleann Pipes)」と呼ばれています。

 

アイルランドのバグパイプ「イリアン・パイプ」

 



 

アイリッシュ音楽で使われている楽器

Instruments used in Irish Traditional Music

 

 

アイルランドの音楽ではアイルランドのバグパイプ「イリアン・パイプス」やフィドル(バイオリン)などが伝統的な楽器として古くから演奏されています。

 

イリアンパイプス バグパイプ

アイルランドのバグパイプ「イリアン・パイプス」

アイリッシュ音楽で最も古くから使われている楽器の一つです。

「イリアン(Uilleann)」はアイルランド語で「肘」を意味します。

 

フィドル アイリッシュ ケルト音楽

フィドルもイリアン・パイプスと並んで古くから用いられています

 

アイルランドの音楽で使われているフィドルは呼び方の違いだけで、楽器そのものはヴァイオリンと全く同じものです。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

ハープはアイルランドの硬貨や、国の紋章として使われているアイルランドを象徴する楽器です。

アイルランド アイリッシュハープ

ハープはアイルランドの硬貨やパスポートにも描かれています。

 

アイリッシュハープによるアイルランド伝統曲の演奏。

 

他には「ティンホイッスル」という縦笛やフルートコンサーティーナなどなど様々な楽器が演奏されています。

 


ティンホイッスル アイリッシュ音楽
ティンホイッスル

ティンホイッスルの演奏

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド音楽で使われる楽器についてはこちらのページもご覧になってみてください。

 

目次に戻る



 

 

アイルランドで演奏されている曲

Tunes played in Irish Traditional Music

 

 

 リールジグホーンパイプなど踊りのための曲や、「シャンノース」と呼ばれる古い歌唱法で歌われる歌などがあります。

 

アイルランドの伝統的なリール(Reel)の演奏です。

リールはアイルランドで弾かれている曲の種類の一つです。

 

ジグという種類の曲。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランドで演奏されている曲についてはこちらのページをご覧ください。

 

目次に戻る

 



 

 

演奏される場所について
ステージで弾くだけが能ではない

The places where Irish Traditional Music is played

 

 アイルランドの音楽は様々な場所で演奏されます。

 

ステージ上で大勢のお客さんを前に弾くこともありますが、本国アイルランドでアイルランド音楽が大舞台で演奏されるのを目にする機会はそう多くはありません。

 

アイリッシュ音楽はアイリッシュパブ(アイルランドの居酒屋)など、日常生活に密着した場所で演奏されることの方が多いです。

 

アイルランドの曲の多くはダンスのための曲なので、ダンスと一緒に演奏されることもあります。

 

アイルランドの酒場(アイリッシュパブ)で繰り広げられるセッション

 

セッションで弾いている人たちが皆知り合いかというか、そうでないことも多くあります。見ず知らずの者どおしでも同じ曲を知っていればセッションが楽しめる、こんなところがアイリッシュ音楽の楽しみの一つです。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイリッシュ音楽のセッションについてはこちらをご覧ください。

 

 

目次に戻る



 

本国アイルランドでの伝統音楽の位置づけ

 

 アイリッシュ音楽(アイルランド伝統音楽)の現地での位置づけは、日本のお琴とか三味線だとかに近いところがあると思います。

 

日本で普通に生活していると、三味線やお琴の演奏を間近で見たり聞いたりする機会はほとんどないと思いますが、アイリッシュ音楽もアイルランドで普通に暮らしていると、意外と見聞きする機会は少ないものです。

 

また普通のアイルランドの人は、自分の国の伝統音楽にそれほど興味はなく、ロックやポップスなどの一般的な音楽の方が人気があります。

 

アイルランドのロックやポップスについてはこちらのページをご覧ください。

 

 

アイルランドの"レコ大"Meteor Music Awardを受賞するアイルランドのアイドルグループ「ウエストライフ」

伝統音楽の演奏家がこういう賞を取ることはまずないかも?

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

トップクラスの演奏家 = 「プロ」ではないのもこの音楽の特徴の一つ

 

 アイルランドの音楽はアイルランド国内でもそれほど人気のある音楽ではないので、「アイリッシュ音楽のトッププレーヤー」だからといって、それで生活をしていけるかというとそうでもありません。

 

有名な演奏家といえど多くの演奏家たちは普通の仕事を持った普通の人たちです。

 

有名といってもアイリッシュ音楽の世界で有名というだけで、普通のアイルランドの人は、目の前にフィドルの全国コンクールの優勝者が居ても気付くことはありません。

 

また、アイルランドは人口の少ない国ですから、アイルランド音楽に限らず全てのマーケットが小さいのも、音楽で生計を立てられないことの理由の一つです。(アイルランドの人口は400万人ちょっと。)

 

アイルランド伝統音楽を紹介する番組からの抜粋です。アイルランドの伝統音楽の演奏家の大半は音楽以外の仕事に就いていると紹介しています。

 

目次に戻る



 

アイルランド音楽の演奏の特徴①
Irish music is dance music
基本的はダンスのための音楽

 

 「アイルランドで演奏されている曲」の項目のところで説明しましたが、アイルランド音楽で演奏されている「リール」や「ジグ」などといった言葉は「曲の種類」を表す言葉であると同時にダンスの種類を表す言葉でもあります。

 

リールはリールという種類の曲ですが、それと同時にリールというダンスのための曲でもあるわけです。

 

下の動画はリールに合わせて踊るアイルランドのダンスです。 

 

アイリッシュ・ダンスの参考動画。

普通アイリッシュダンスといえばこのタイプのダンスのことを指します。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  

アイルランドのダンスはタップダンスに似ていると思う人が多いそうですが、そもそもタップダンスはアメリカに渡ったアイルランド人たちの踊りが元になったのだそうです。

 

アイルランドのダンスについてはこちらのページもご覧になってください。

 

目次に戻る



 

アイルランド音楽の演奏の特徴②
characteristics of playing Irish traditional music

基本はユニゾンプレイ (全ての楽器が同じ旋律を弾く)

 

 アイルランド音楽の演奏の特徴として、ユニゾンプレイというのが挙げられると思います。アイルランド音楽は複数の異なる楽器の演奏家が一緒に弾く際に、全ての奏者が全く同じ旋律を同時に弾くのが特徴です。カウンターラインやハーモニーなどは基本的には付けません。

 

フィドルとフルートによる演奏です。

二人とも全く同じ旋律を弾いています。 

 

目次に戻る



  

アイルランド音楽の演奏の特徴③
You could be a multi instrumentalist!

色々な楽器が弾けるようになるかも

 

 アイルランド音楽は基本的にユニゾンプレイの音楽です。

 

つまりある曲をフィドルで弾こうと、バンジョーで弾こうと、ハープで弾こうと、ティンホイッスルで吹こうと、旋律は全く同じです。

 

一つどれかの楽器で曲が弾ければ、その曲は他の楽器で弾いても同じですので、アイルランドには「マルチプレーヤー」といって複数の楽器を弾ける演奏家も多くいます。

 

下の動画の演奏家はアイリッシュハープとフィドルとコンサーティーナを演奏します。

 

アイルランド音楽の国際コンクール「フラー(Fleadh)」では複数の楽器で優勝する奏者は珍しくありません。

 

アイルランド音楽 フラー

アイルランド音楽の国際コンクール"フラー"で五冠王(5つの楽器で優勝)に輝いた少年

 

目次に戻る



 

アイルランド音楽の演奏の特徴④
譜面通りに弾かないのが普通

 

 アイルランド音楽は、楽譜通りに弾く音楽ではないということも、この音楽の演奏における特徴の一つです。

 

下はアイルランドの伝統曲をmidiで譜面通りに再生させたものです。

 

この曲を実際に楽器で演奏すると以下のように演奏されます。

 

上の譜面と同じ曲をフィドルで演奏した例です。

演奏者は譜面と同じ曲を3回繰り返して弾いています。

  

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド音楽の演奏では「装飾音(ornamentation)」と呼ばれる「飾り付けの音」を付けながら演奏します。装飾音は基本的に楽譜には書かれません。装飾音についてはこちらをご覧になってください。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

上の演奏例ようにアイルランドの音楽は基本的に楽譜通りには弾かないのが普通です。

 

また1曲を複数回繰り返して弾くのが基本で、繰り返して弾く際に、前に弾いたのと同じ通りに弾かないのも基本です。

 

曲の繰り返しの際に「バリエーション」を加えながら演奏します。バリエーションは即興的に付けます。

 

目次に戻る



 

アイルランド音楽の学び方①

Learning to play Irish traditional music

 

 楽譜を使わずに耳で聞いて学ぶのが基本です。

 

 アイリッシュ音楽では視覚的に曲を参照するために「ABC譜*」とよばれるアルファベットで書かれた譜面を使うことがあります。

 

アイルランド音楽 楽譜

アイルランド音楽でよく使われる「ABC譜(※)」。

暗号でもなんでもなく、れっきとした楽譜なのです

 

アイルランド音楽 楽譜

現地のフィドルのワークショップ(グループレッスン)でABCで譜面を書いていくフィドルクラスの講師。(アイルランドでは超有名な奏者です。)

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 フィドルのグループレッスンの模様です。

最初は楽器を持たずに、その日習う曲のメロディを歌います。

曲の旋律を覚えたら、楽器を持って曲を弾きます。

 

曲の旋律をそらで歌えるようにならないと、楽器を持たせてもらえません。アイルランド音楽で大事なことはまず「旋律を覚えること」であって、「譜面を読む」ことではないのです。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

「ABC譜」についてはこちらをご覧ください。

 

目次に戻る



  

アイルランド音楽の学び方②

how people in Ireland learn traditional music

現地の人の学び方

 

 本国アイルランドでは親や親族から習ったり、教室に通って習うことが多いです。独学で学んだ人というのはあまり聞いたことがないです。

 

アイルランド音楽は楽譜を使うことなく、人から人へと受け継がれてきた音楽なので、独学で学ぶのは難しいようです。

 

アイルランドには「Comhaltas Ceoltóirí Éireann(略してCCÉ)」というアイリッシュ音楽の協会があります。

 

アイルランドにはCCÉの運営している教室がそこらじゅうにあって、CCÉの教室で演奏を学ぶ人も多くいます。

 

コールタス・キョールトリ・エーレン アイルランド音楽

CCÉの教室はアイルランド中にあります。

旗が立っているところ=CCÉの教室がある町/村

 

アイリッシュ音楽 教室

アイルランドのCCÉの教室

私はここでフィドルを習いました

 

アイルランド 音楽教室

クレアのCCÉの教室に通う子たち

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

CCÉではアイルランド音楽の演奏試験や、アイルランド音楽の認定講師になるための試験なども実施しています。

 

アイリッシュ音楽 教則本

アイリッシュ音楽の演奏家試験「SCT Exam」のシラバス

 

SCT Examについてはこちらのページをご覧ください。

 

アイリッシュ音楽の認定講師試験はこちらのページをご覧ください。

 

アイリッシュ音楽を紹介する番組からの抜粋です。

話しているのは現地ではとても有名なフィドル奏者です。

聞き手は葉加瀬太郎氏です。

こちらのページでこの動画の長いバージョンをご覧いただけます。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

上の動画で演奏している2人は師匠と弟子の間柄です。二人が使っている弓の長さや、弓のパターン(どの音で弓を返して、どの音とどの音を一弓で繋げるかなど)がほぼ同じなのがお分かりいただけると思います。師匠と同じように弾くには、師匠と同じ弓の使い方をしなければ同じ様な演奏にはならないのです。

 

アイルランド音楽では楽譜は使わないので、弓の上げ下げの順序や弓を使う長さは、聞きよう聞き真似、見よう見まねで習っていきます。

 

ちなみに左側のおじいちゃんは私のお隣さんです。彼についてはこちらのページご覧ください。

 

目次に戻る



    

アイルランド音楽の学び方③
YouTubeには注意
 
間違った演奏も沢山載っているので・・

 

 最近はYouTubeでアイリッシュ音楽を知ったという方も多いようです。

 

YouTubeには良い動画も沢山載っているのですが、間違った演奏や間違った教え方をしているハウトゥー動画も多く載っています。

 

YouTubeに載っている間違った教え方の動画を参考にして、悪い癖を付けてしまったりすると、後々直すのが大変になってしまいます。

 

参考までに下に「間違った演奏」と「正しい演奏」を掲載してみました。どちらもYouTubeにアップロードされている動画です。

 

アイルランド音楽のことをよく分かっている人ならば、「間違った演奏」として掲載した演奏は「ああ、これはちょっとね~」と思うことでしょう。

 

アイルランド音楽のことをよく分からない方は、2つの動画の演奏のどこがどう違うのかが良く区別できないと思います。

 

最初のうちは皆そんなものです。そのうちに違いが分かるようになると思います。

 

間違った演奏編

 

正しい演奏

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

動画で弾いている曲の譜面です。 

(クリックで拡大可)

Cooley's クーリーズ リール

 

最初の動画の弾き方どこがいけないかというと、早い話が譜面通りの演奏だからです。

 

彼女の演奏は何のひねりも効いていません。装飾音も使っていないし、バリエーションも付けていません。

 

ただ単に旋律だけを同じ調子で弾いているだけなのです。

 

このページ内の「アイルランド音楽の演奏の特徴③ - 譜面通りに弾かないのが普通」の所にも書いてありますが、アイルランド音楽は普通は譜面通りには弾かないものです。

 

もう1人の奏者は色々な装飾音や、ひねりの効いたフレーズを織り交ぜることによって、楽曲をかっこよくアレンジして弾いています。

 

目次に戻る



 

 

フィドルとバイオリンの違い
Difference betwen the fiddle and the violin
 
フィドルとは弓で弾く弦楽器の総称だそうです。

 

 たとえば中国の二胡(胡弓)もフィドルの仲間で、英語では「Chinese Fiddle(チャイニーズ・フィドル)」と呼ばれることがあるそうです。

 

有名なミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」の原題は「ザ・フィドラー・オン・ザ・ルーフ (The Fiddler on the Roof)」と言います。

 

世界中には様々な弓で弾く弦楽器があり、これらは全てフィドルの仲間になります。

 

スウェーデンのフィドル「ニッケルハルパ

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイリッシュ音楽で使われるフィドルは、基本的に普通のバイオリンと同じものです。

 

呼び方の違いだけで、クラシックの奏者が弾けばバイオリン、アイリッシュ音楽の奏者が弾けばフィドルと呼び方が変わるのです。

 

まれに演奏家が自ら作った楽器で素材や形が普通のバイオリンと異なるものも存在します。

 

フィドル ヴァイオリン

ドネゴールのフィドル奏者「フランク・キャシディ」が作った「ブラス・フィドル」。トランペットやサックスなどに用いられている"ブラス素材"で作られた金属製のバイオリンです。

 

フィドル奏者

自家製のフィドルを弾く東クレアのマイケル・ダイナン。なぜ三角形になったのかは謎です。

 

アイリッシュのフィドルの演奏。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイリッシュのフィドルについてはこちらをご覧ください。

 

アイルランド公認の認定講師のレッスンはこちらで。

 

目次に戻る