アイルランド(アイリッシュ)音楽とは - What is Irish Music

 

このページではアイルランド(アイリッシュ)音楽についての全般的なことについて解説しています。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

目次

 

・アイルランド(アイリッシュ)音楽とは

・ケルト音楽とアイルランド音楽 - アイルランド音楽=ケルト音楽ではありません

・アイリッシュ音楽で使われている楽器 - 色々な楽器が使われています。

・アイルランドで演奏されている曲 - アイリッシュ=癒し系だけではありません

・演奏される場所について - ステージで弾くよりも酒場などでわいわい弾く方が多い

・奏者について (世代、性別、演奏人口etc) 実は本国ではあまり人気のない音楽

・アイルランド音楽の演奏の特徴① - 基本はダンスのための音楽

・アイルランド音楽の演奏の特徴② - 楽器が変わってもやることは全く一緒

・アイルランド音楽の演奏の特徴③ - マルチプレーヤーになれるかも

・アイルランド音楽の演奏の特徴④ - 楽譜通りに弾かないのが基本

・アイルランド音楽の学び方① - 基本は聞きよう聞き真似、見よう見まね

・アイルランド音楽の学び方② - 日本の三味線やお琴などを習うのに近いのかも

・アイルランド音楽の学び方③ - 余計な情報に翻弄されないように注意

・アイルランド音楽の学び方④ - YouTubeには要注意!

・フィドルとバイオリンの違い - 楽器自体はバイオリンと全く同じ

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイルランド(アイリッシュ)音楽とは - What is Irish Traditional Music?
definition of traditional music

 

 アイルランド(アイリッシュ)音楽とはイギリスのお隣に位置する「アイルランド」という国で伝統的に演奏されている音楽のことです。

アイルランド

アイルランドはイギリスのお隣の島国です。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 アイルランドの伝統的な音楽というと「ロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)」や「庭の千草」といった、日本でも古くから親しまれているアイルランド民謡を思い浮かべる方も多いのですが、これらの曲は現地ではあまり弾かることがありません

日本でもお馴染みのアイルランド民謡「庭の千草」。美しい曲ですが、アイルランドで聞かれる機会は意外と少ないかも。(まったくないわけではないですが)

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

  

 

 アイルランドの音楽というと、世界的なロックバンドU2や、世界的なポップス歌手のエンヤが歌う歌も「アイルランド人が演じている音楽」という意味では、アイリッシュ・ミュージックの一部とも言えないこともないですが・・・

 

 

 U2やエンヤのような音楽は「アイリッシュ音楽」ではなく、ポップスやロックに分類されます。

アイルランドを代表する世界的なロックバンド「U2」。彼らの音楽は所謂「アイリッシュミュージック」とは程遠いものです。

アイルランドのロックバンド「イン・トゥア・ヌア」。アイルランドらしく(?)メンバーにイリアン・パイプスやフィドルの奏者が居るのが特徴です。といってもジャンル的にはロックに位置付けられます。


 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 アイルランドで今日「アイリッシュミュージック」と言えば普通は「リール」や「ジグ」などのダンス曲や、アイルランドの伝統的な歌唱法「シャンノース」の歌を指します。

 

アイリッシュ・フィドルによるアイルランドの伝統的なダンス曲の演奏です。リールというタイプの曲を3曲続けてメドレーで弾いています。

アイルランドの伝統的な歌唱法「シャンノース」の歌。シャンノース(Sean-nós)とはアイルランド語で「古い様式」という意味で、アイルランド語で歌われることが多いです。


目次に戻る

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

ケルト音楽とアイルランド音楽 (ケルト音楽 = アイルランド音楽ではありません)

Difference between Irish & Celtic Music

 

 

 アイリッシュ音楽のことを「ケルト音楽」と呼ぶ人もいるようですが、「ケルト」というのはアイルランドやスコットランド、フランスのブルターニュ地方やスペインのガリシア地方などの文化を総称する言葉であって、実際のところは「これぞケルト音楽」というのは存在しません

 

 

 日本や中国、韓国の音楽を総称して「アジアン音楽」と呼ぶのと似たような感じでしょうか。

 

 

 アイリッシュ音楽は基本的にはアイルランド独自のものであり、その他のケルト文化を持った国の音楽とまったく一緒のものというものでもありません。(アイルランド音楽が弾ければブルターニュ地方の音楽も弾けるとは限らない、あるいはその逆も然りということです)

 

 

 ちなみにアイルランドの人で自国の音楽のことを「ケルト音楽」という人はまずいないと思います。

 

この動画で演奏されている楽器は、「イリアンパイプス(Uileann Pipes)」と呼ばれるアイルランドの伝統的なバグパイプです。

こちらはフランスの「ケルト文化圏」ブルターニュ地方のバグパイプの演奏です。


 

 上の動画はどちらも「バグパイプ」の演奏ですが、これらを「ケルト音楽」として一緒のものとして考えてしまうのは若干無理あります。

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

 もっとも下の動画のような形態のバンドが演奏している音楽になると、純粋なアイルランドの音楽ではないし、「どこそこの音楽」と定義するのは難しいので、こういうグループの音楽だと「ケルト音楽」と言うのかもしれません。 

ケルトとアフリカの融合「アフロケルトサウンドシステム

 

目次に戻る

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 


 

アイリッシュ音楽で使われている楽器

Instruments used in Irish Traditional Music

 

 

 *当サイトにはアイルランド音楽で使われている楽器についてもっと詳しく書いてあるページもあります。

 

 

 フィドル(バイオリン)やイリアンパイプス(アイルランドのバグパイプ)などは伝統的な楽器として古くから演奏されています。

 

アイリッシュフィドル
イリアン・パイプス

左(上)*がフィドルで、右(下)がイリアンパイプス。どちらもアイルランド音楽で古くから使われている楽器です。*スマホで見た場合

  

 

 ハープ(竪琴)はアイルランドの硬貨や国の紋章としても使われているアイルランドを代表する楽器です。

アイリッシュ・ハープ

ハープはアイルランドを象徴する楽器です。

アイリッシュハープが描かれたユーロの硬貨
アイルランドのユーロ硬貨。裏にはハープが描かれています。
ハープが描かれたパスポート
ハープはアイルランドのパスポートにも描かれています。

アイリッシュハープによるアイルランド伝統曲の演奏。


 

 他にも映画タイタニックにも登場したアイルランドの小さな縦笛「ティンホイッスル」やフルートコンサーティーナとよばれるアコーディオンの仲間の楽器など様々な楽器が演奏されています。

ティンホイッスル
ティンホイッスル
コンサーティーナ
コンサーティーナ


 

 アイルランド音楽で使われる楽器についてはこちらのページもご覧になってみてください。

 

目次に戻る

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

アイルランドで演奏されている曲

Tunes played in Irish Traditional Music

 

 

 リールやジグ、ホーンパイプなど踊りのための曲や、「シャンノース」と呼ばれる古い歌唱法で歌われる歌などがあります。

リールとはこんな感じの曲です。

アイルランドの高校生たちによるジグの演奏。


 

 アイルランドで演奏されている曲についてはこちらのページをご覧ください。

 

目次に戻る

 

 


 

 

演奏される場所について

The places where Irish Traditional Music is played

アイルランド音楽を舞台で弾くことは稀です。基本は参加型の音楽です。

 

 

 アイルランドの音楽は様々な場所で演奏されます。

 

 ステージ上で大勢のお客さんを前に弾くこともありますが、アイリッシュパブ(アイルランドの居酒屋)や家のキッチンなど、日常生活に密着した場所で演奏することの方が多いです。

 

 アイルランドの曲の多くはダンスのための曲なので、ダンスと一緒に演奏されることもあります。

 

アイリッシュパブ(居酒屋)での演奏(セッション)風景。

屋外でダンスと一緒に演奏している模様


 

 アイルランド音楽のセッションについてはこちらをご覧ください。

 

 

目次に戻る

 



 

奏者について - 世代、性別、演奏人口 etc

実は現地アイルランドではそれほど人気があるわけではありません

 

 アイリッシュ音楽(アイルランド伝統音楽)の現地での位置づけは、日本のお琴とか三味線だとかに近いところがあると思います。

 

 現地を旅行したり留学された方でお気付きになった方もいると思いますが、アイルランドでアイリッシュ音楽を弾く人、好きな人に出会う可能性はとても低いです。

 

 普通のアイルランドの人は自国の伝統音楽にはあまり興味を持っていません。音楽といえば圧倒的にロックやポップスなどの一般的な大衆音楽の方が人気があります。

 

 伝統音楽好きの間では毎年8月に開催されるアイルランド伝統音楽の祭典「フラー・ヒョール・ナ・へーラン(Fleadh Cheoil na hEireann = アイルランド語でアイルランド音楽祭の意)」がアイルランド音楽界最大の祭典として知られていますが、実際のところ「アイルランドで開催される音楽のフェスティバル」としては7月に開催される「Oxegen」の方がはるかに規模が大きいです。

 

 Oxegenは日本のフジロックだとかサマソニに相当する野外音楽フェスティバルで、コールドプレイやフーファイターズ、ビヨンセ、スノーパトロールなどなど世界的なアーティストたちが顔をそろえるビッグイベントです。

 

 Oxegenについてはこちらのページをご覧ください。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 ではアイルランドでアイリッシュ音楽を弾いている人達はどんな人たちかというと、実に様々な人達が自国の伝統音楽を弾いています。

 

 アイルランド音楽が盛んな地域というとどちらかというと田舎の方なので、なんだかんだいって伝統音楽家というと「農家」の人が多いイメージがあります。

 

 実際には農家さん以外に、学校の先生だとか、お医者さんだとかそういった職業についている人で伝統音楽を弾いている人も多くいます。

 

 結局「田舎に住める職業」に就いている人の方が伝統音楽を続けやすいのだと思います。サービス業とか事務職に就いている人は田舎にはほとんど居ません。

 

 演奏家の性別も様々です。昔は伝統音楽といえば男性しか演奏しなかったそうですが、現在では女性の奏者も多くいます。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 演奏家の年齢も様々で、アイリッシュパブで繰り広げられるセッションに行けば、10代の若い奏者から80歳を超えたおじいちゃん、おばあちゃん奏者まで一緒に弾いている光景をよく目にします。

 

 いくつになっても演奏を楽しめる音楽ですが、トップクラスの演奏家のほとんどは、かなり早い年齢から演奏を学び始めています。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

トップクラスの演奏家 = 「プロ」ではないのがこの音楽の特徴の一つ

 

 アイルランドの音楽はアイルランド国内でもそれほど人気のある音楽ではないので、「アイリッシュ音楽の世界のトッププレーヤーになったからといって、それで生活をしていけるかというとそうではありません。

 

 アイルランド音楽の世界では有名な演奏家の多くは普通の仕事を持った普通の人であることが多いです。

 

 有名といっても「アイルランド音楽の世界で有名」ということであって、普通にアイルランドの町を歩いている一般人にアイリッシュ音楽の有名な奏者の名前を言ってもほとんど人はそれが誰なのか分からないと思います。

 

 日本で前から人間国宝のお琴の奏者さんが歩いてきても、普通の人だとその人が誰なのか気が付かないと似ているでしょうか。

 

 また、アイルランドは人口が少ない国ですから、アイルランド音楽に限らず全てのマーケットが小さいのも、音楽で生計を立てられないことの理由の一つになっています。(人口1億2000万人の日本では、もし日本の全ての人から1円ずつ貰えば1億2000万円になりますが、人口400万のアイルランドでは、アイルランドの全ての人から1円貰っても400万円にしかなりません。)

日本でテレビで放映されたアイルランド伝統音楽を紹介する番組からの抜粋です。アイルランドの伝統音楽の演奏家の大半は音楽以外の仕事に就いていると紹介しています。

 

目次に戻る

 



 

アイルランド音楽の演奏の特徴①

Irish music is dance music

アイリッシュ・ミュージックは基本的にダンスのための音楽です。

 

 「アイルランドで演奏されている曲」の項目のところで説明しましたが、アイルランド音楽で演奏されている「リール」や「ジグ」などといった言葉は「曲の種類」を表す言葉であると同時にダンスの種類を表す言葉でもあります。

 

 リールはリールという種類の曲ですが、それと同時にリールというダンスのための曲でもあるわけです。

 

 アイリッシュ・ミュージックはアイリッシュ・ダンスというアイルランドの民俗舞踊と密接な関りがあり、アイリッシュ音楽の演奏を学ぶ上でアイリッシュダンスを知ることはとても重要です。

 

 「アイリッシュダンス」といってもたった一つこれが「アイリッシュダンス」と呼べるダンスがあるわけではなく、数種類の異なる「アイリッシュダンス」が存在しています。

 

 アイルランドのダンスについてはこちらのページもご覧になってください。

 

アイリッシュ・ダンスの参考動画。

普通アイリッシュダンスといえばこのタイプのダンスのことを指します。

 

ハープの伴奏で踊るアイリッシュダンサー。

踊っているのは「シャン・ノース」という種類のダンスになります。

 

このようなアイルランドの伝統的なダンスを全くアイルランドの文化のことを知らない人に見せると「アイルランドのダンスってタップダンスに似ているんですね」という人が多いのですが、そもそもタップダンスはアメリカに渡ったアイルランド人たちの踊りが元になったものですから、正確には「タップダンスがアイリッシュダンスに似ている」という言い方の方が正しいのです。

 

目次に戻る

 

アイルランド音楽の演奏の特徴②

characteristics of playing Irish traditional music

基本はユニゾンプレイ (全ての楽器が全く同じ旋律を演奏する)

 

 アイルランド音楽の演奏の特徴として、ユニゾンプレイというのが挙げられると思います。アイルランド音楽は複数の異なる楽器の演奏家が一緒に弾く際に、全ての奏者が全く同じ旋律を同時に弾くのが特徴です。カウンターラインやハーモニーなどは基本的には付けません。

 

アイリッシュフィドルとアイリッシュフルートによる演奏です。二人で全く同じ旋律を弾いています。

フィドルとイリアンパイプスによる演奏です。二台の楽器が二台とも全く同じメロディーを弾いています。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

コンサーティーナとアイリッシュフルートとアイリッシュハープによる演奏。3人が3人とも同じメロディーを弾いています。

フィドルとバンジョーによるデュエット演奏。フィドルとバンジョーが弾いている旋律は2台とも全く同じ演奏です。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 最近は主旋律以外の旋律を加えたり、ハーモニーを付けたり、なかには伝統音楽のメロディーにオーケストラによる伴奏を入れたりなど、新しい手法をとった演奏をする人も現れています。

アイリッシュピアノとオーケストラの共演です。

ピアノを弾いている方がオケのスコアを書いたそうです。

 

目次に戻る

 

アイルランド音楽の演奏の特徴③

You could be a multi instrumentalist!

一つの楽器が弾けるようになると、色々な楽器が弾けるようになります。

 

 アイルランド音楽は基本的にユニゾンプレイの音楽です。

 

 つまりある曲をフィドルで弾こうと、バンジョーで弾こうと、ハープで弾こうと、ティンホイッスルで吹こうと、主旋律は全く同じです。

 

 一つどれかの楽器で曲が弾ければ、その曲は他の楽器で弾いても同じですので、アイルランドには「マルチプレーヤー」といって複数の楽器を弾ける演奏家も多くいます。

 

 下の動画の演奏家はアイリッシュハープとフィドルとコンサーティーナを演奏します。一緒に弾いている別の女性は姉妹で、彼女もこの動画でイリアンパイプスとアイリッシュフルートを演奏しています。

 

 アイルランド音楽の国際コンクール「フラー(Fleadh)」では複数の楽器で優勝する奏者は珍しくありません。

アイリッシュハープ

フィドル


コンサーティーナ

アイルランド音楽 フラー

アイルランド音楽の国際コンクール"フラー(Fleadh)"において、5つの楽器で優勝を果たした12歳の少年。

 

目次に戻る

 

アイルランド音楽の演奏の特徴④

譜面通りに弾かないのが普通

 

 アイルランド音楽は、楽譜通りに弾く音楽ではないということも、この音楽の演奏における特徴の一つです。

 

 下の曲はアイルランドの伝統曲をmidiで譜面通りに再生させたものです。

 この曲を実際に楽器で演奏すると以下のように演奏されます。

上の譜面と同じ曲をフィドルで演奏した例です。演奏者は譜面と同じ曲を3回繰り返して弾いています。

こちらの奏者も譜例と同じ曲を3回繰り返して弾いています。ただし調を一つ落として弾いています。アイルランドの音楽では楽譜に書いてあるのとは異なる調で弾くこともあります。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 次の曲もアイルランドの伝統曲をmidiで譜面通りに再生させたものです。

 この曲を実際に楽器で演奏すると以下のように演奏されます。

上の譜面と同じ曲をフィドルで演奏した例です。演奏者は譜面と同じ曲を5回繰り返して弾いています。

こちらの奏者は上の譜例の曲を3回繰り返して弾いています。譜面と同じ曲ですが、譜面に書かれているのと全く同じ通りには弾いていません。


 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 またアイルランド音楽の演奏では「装飾音(ornamentation)」と呼ばれる「ある音を飾り付けるための別の音」を付けながら演奏します。装飾音は楽譜に書き表すのが難しいので、基本的に楽譜に書かれることはありません。装飾音についてはこちらをご覧になってください。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 上の演奏例ようにアイルランドの音楽は基本的に楽譜通りには弾かないことの方が普通です。また1曲を数回繰り返して弾くのが基本で、同じ曲を繰り返して弾く際に、前に弾いたのと全く同じ通りに弾かないのも基本です。曲の繰り返しのたびに「バリエーション」と呼ばれる異なる旋律を加えながら演奏するのが一般的です。バリエーションは即興的に付けられることがほとんどで、それだけにアイルランド音楽では譜面はほぼ無用の長物となっています。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 とはいったものの、譜面通りに弾くことがほとんどないのにも関わらず、なんだかんだで色々な譜面が市販されています。こちらのページではアイルランド音楽関連の教則本や曲集を紹介しています。

 

目次に戻る

 

アイルランド音楽の学び方①

Learning to play Irish traditional music

 

 楽譜を使わずに耳で聞いて学ぶのが基本です。

 

 まれに視覚的に曲を参照するために「ABC譜*」とよばれるアルファベットで書かれた譜面を使うことがあります。

*ABC譜についてはこちらをご覧ください。

アイルランド音楽 楽譜

アイルランド音楽でよく使われる「ABC譜(※)」。

暗号でもなんでもなく、れっきとした楽譜なのです

 

コーマック・ベグリー

ABCで譜面を書くコンサーティーナ奏者のコーマック・ベグリー。

(日本で行われたワークショップにて)

 

アイルランド音楽 楽譜

現地のフィドルのワークショップ(グループレッスン)でABCで譜面を書いていくフィドルクラスの講師。(アイルランドでは超有名な奏者です。)

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 上でABCで譜面を書いていた先生が教えるグループレッスンの模様です。最初は楽器を持たずに、その日習う曲のメロディを歌って、曲の旋律を覚えるところから始めます。曲の旋律をそらで歌えるようにならないと、楽器を持たせてもらえません。アイルランド音楽で大事なことはまず「旋律を覚えること」であって、「譜面を読む」ことではないのです。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

「ABC譜」についてはこちらをご覧ください。

・アイルランド音楽で使われる「ABC譜」について

 

目次に戻る

 

アイルランド音楽の学び方②

how people in Ireland learn traditional music

アイルランド音楽を独学で学ぶのは難しいというのが定説になっています。

 

 本国アイルランドでは親や親戚の人などから習ったり、教室に通って習うことが多いです。独学で学んだ人というのはあまり聞いたことがないです。アイルランド音楽は楽譜を使うことなく*、人から人へと受け継がれてきた伝統音楽ですので、独学で学ぶのは難しいようです。

 

 アイルランドには自国の伝統音楽の伝承者を育成する公的機関として「Comhaltas Ceoltóirí Éireann(略してCCÉ)」という協会があります。アイルランドにはCCÉの運営している教室があって、CCÉの教室であれば親や親族が演奏家でなくても、誰でもアイルランド音楽の演奏を学ぶことができます。

 

 CCÉでは「Scrúdú Ceol Tíre (略してSCT Exam)」*というアイルランド音楽の演奏技能検定試験や、「Teastas i dTeagasc Ceolta Tíre (略してTTCT)」というアイルランド音楽の公認講師になるための試験を実施しています。

 

 アイルランド以外の国にもアイルランド公認の講師資格を持った講師が居ます。各国の公認講師が教える教室で学ぶのも良いと思います。私自身も公認講師資格を持っていますので、私のレッスンでは本国アイルランドで学ぶのと全く同じレッスンを受けていただくことができます。

 

*曲の旋律だけが書かれた楽譜ならありますが、あくまで旋律が書かれているだけであって、演奏法までは書かれていないものがほとんどです。こちらのページに市販されているアイルランド音楽の楽譜や教則を紹介しています。

 

*SCT Examは日本でも受験可能です。SCT Examについてはこちらのページをご覧ください。

 

NHKで放映されたアイルランド音楽の番組から抜粋です。

話しているのはマーティン・ヘイズというアイルランドで(世界でも?)超有名なフィドル奏者です。聞き手は葉加瀬太郎氏。

こちらのページでこの動画の長いバージョンをご覧いただけます。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

上の動画で演奏している2人は師匠と弟子の間柄です。二人が使っている弓の長さや、弓のパターン(どの音で弓を返して、どの音とどの音を一弓で繋げるかなど)がほぼ同じなのがお分かりいただけると思います。師匠と同じように弾くには、師匠と同じ弓の使い方をしなければ同じ様な演奏にはならないのです。

ちなみに左で弾く奏者は私のお隣さんです。こちらのページにお隣の住むフィドルの大師匠について書いていますので、よかったらご覧になってください。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

こちらの動画でアコーディオンを演奏している2人は親子の間柄です。二人とも蛇腹の動きがよく似ています。アイリッシュのアコーディオンの演奏をご存知であれば分かると思いますが、同じ曲を演奏してもまったく異なる蛇腹の動きをしている人もいるだけに、この動画を見ると親が子を教えて、子がまたその子供を教えてと言った具合に伝わってきたアイルランドの伝統を実感できると思います。

 

目次に戻る 

 

アイルランド音楽の学び方③

what is the right information?

情報の選び方について

 

 アイルランド音楽は、日本ではマイナーなジャンルの音楽です。色々なメディアに取り上げられることがあっても、結局のところ日本国内においては、「言えば何でもアイリッシュ」で通ってしまうほど世間での認知度はまだまだ低いのが現状です。

 

 普通の人は、本当にそれがアイルランドのものなのか、そうでないのかの区別がつきませんから、仮にアイルランドの音楽ではなくても、「これがアイルランド音楽です。」といってしまえば、例えばクラシックバイオリン奏者の弾いた「本当のアイルランド音楽とはかなりかけ離れた演奏」であっても「アイルランド音楽」で通ってしまうのです

 

 日本国内では「自称アイルランド音楽演奏家」でも通ってしまうのかもしれませんが、アイルランドはそうはいきません。もしアイルランドで「自称アイルランド音楽演奏家」が成り立つのであれば、アイルランド国内で行われているアイルランドの音楽の試験も、アイルランド音楽の公認講師なるための試験も存在しないでしょうし、きっとクラシック音楽の国際コンクールで優勝や入賞した奏者が、アイルランド音楽の国際コンクールで簡単に優勝できることでしょう*。(*以前アイルランド音楽の国際コンクールに飛び入り参加した、クラシックの奏者がいたのですが、「おまえの演奏はアイリッシュになっていない!」と酷評されたことがありました・・・)

 

 このページをご覧の方の中には、アイルランドの音楽の演奏に興味のある方もいらっしゃると思いますが、もしこのページの上の方で紹介したアイルランドの演奏家のような演奏をしてみたいと思うのでしたら、情報の選択がとても重要になると思います。

 

 つまり「何をすれば、そういう演奏ができるようになるのか」という部分において正しい情報を知っておいた方が、余計なことに惑わされることなく「そういう演奏」、つまり「アイリッシュな演奏」ができるようになると思います。

 

 個人的に"アイルランドの音楽を、アイルランドでアイルランドの人が弾いているのと同じように弾く"のであれば、"アイルランドでアイルランドの人が習うのと同じ通りに習うのがベスト"だと思います。逆の言い方をすればアイルランドの人がアイルランドでやっていないことはやらなくていいし、アイルランドの人が知らないことは知らなくてもいいと思います。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

葉加瀬アカデミー アイリッシュ

某氏が主宰する某アカデミーでは、このようにアイリッシュ音楽が教えられているようですが、本国アイルランドではこのようには教えられていません。

日本ではアイルランド音楽のことを正しく知っている人はほとんどいませんし、某氏は著名な方ですので、「葉〇瀬さんが、こういう風に教えていた」で通ってしまうのかもしれませんが、本国ではこの考え方は通用しませんし、もし向こうにいってアイルランド音楽にこういう考え方で接しているとしたら、現地の方に対してとても失礼になると思います。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 日本でアイルランド音楽の演奏家や、有識者を自称する人が言うことを百回聞くよりも、ちゃんとしたアイルランド人の演奏家の言うことを1回だけ聞く方がずっと価値があるかもしれません。といってしまうとここで私が説明していることもほとんど価値のないことになってしまうかもしれませんが・・・

 

 本当の話で、そこそこ弾けるようになろうと思うのであれば、いきありアイルランドに行ってしまった方が早いと思います。私自身アイルランドに行くまでアイルランド音楽を聞いたことも、弾いたこともありませんでしたが、今ではアイルランド公認のフィドルの講師の資格を持っています。

 

目次に戻る

 

アイルランド音楽の学び方④ - YouTubeには要注意!

Be careful with videos uploaded on YouTube. 

YouTubeは無法地帯です。間違った演奏も沢山載っているので要注意。

 

 最近はYouTubeでアイリッシュ音楽を知ったという方も多いようです。

 

 YouTubeには良い動画も沢山載っているのですが、気を付けないといけない点も多くあります。

 

 一つ上の「アイルランド音楽の学び方③ 情報の選び方について」の所でも述べましたが、日本またはアイルランド以外の国ではぶっちゃけた話、「弾けば何でもアイリッシュ音楽」で通ってしまいます。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 どういう音楽がアイルランドの音楽で、どういう音楽はアイルランド音楽でないか、どういう演奏がアイルランドの正当な演奏法で、どういう演奏だと間違った演奏法になるかといったことは、一般的には周知されていませんから、仮にそれが本当はアイルランドの音楽でなかったとしても、どれだけでたらめに弾こうと「これがアイルランド音楽です」と言えば通ってしまうのです。

 

 実際に日本ではアイルランドと何の関係もない曲が「アイルランド民謡」として紹介されたりすることが多々あります。

 

 まったくでたらめな演奏しかしていないのにも関わらず「アイルランド音楽の演奏家」を自称している人も居ます。

 

 それこそ今このページをご覧になっているあなたでも今すぐにでも「アイルランド音楽の演奏家」を自称できるのです。

 

 そのくらい世間ではアイルランド音楽は周知されていない、ものすごくマイナーな音楽なのです。(このページがアイルランド音楽の現状を変えるのに役に立てばすごく嬉しいです。)

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 YouTubeは言ってみれば、誤情報のデパートと言っていいくらい、間違った演奏や、洒落にならないくらい酷い演奏が「アイリッシュ音楽」、「アイルランド伝統音楽」、「アイリッシュフィドル」の演奏としてアップロードされています。

 

 アイルランド音楽に詳しい人であれば区別がつくので問題ないのですが、アイルランド音楽に詳しくない人だと、どれが正しくてどれが間違っているか判別が付かないと思います。

 

 本当のことを言えばあまりにも酷い演奏や、どう考えても間違った演奏をYouTubeに載せるのはどうかなと思いますが、それを規制する法律があるわけではないので、実質YouTubeは無法地帯となっています。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 特に外国人が演奏しているものが必ずしもアイルランドの人が演奏しているものとは限らないので、外国人が弾いているの見て「これがアイリッシュの演奏か」と簡単に判断しないようにした方が良いと思います。日本人には外国人の演奏を見てそれがアイルランド人の演奏なのか、そうでないのかの区別がつかないと思いますが、ど素人のアメリカ人やアイルランド人以外のヨーロッパの国の人が載せているそれはそれはひどい演奏が多く載っていますので要注意です。

 

 YouTubeに載っている間違った演奏を見て、それが間違っていると気が付かずに変な影響を受けてしまって、後で直そうした時にすごく苦労することになるので、できればアイルランド音楽がどんな音楽であるか分かるまではYouTubeから演奏を学んだり、コピーしたりすることは控えた方がいいと思います。言い方が合っているかどうか分かりませんが、「生兵法は怪我の元」です。アイルランド音楽は弾き方や、練習の仕方などそれなりに決まっている部分も多くありますので、こういった所をよく理解しないでなんとなくで真似していると、後でとんでもないしっぺ返しが待っていたりするのです。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 どうしてもなにがしかの動画を参考にしたいのであれば、アイルランドの首都ダブリンに本部を置くアイルランド音楽の国際協会「Comhaltas Ceoltóirí Éireann (コールタス・キョールトリー・エーレン=アイルランド語でアイルランド音楽協会の意)」の本部のサイトに現地の演奏家の動画が沢山掲載されていますので、それらをご覧になるといいと思います。アイルランド音楽の最高権威であComhaltasが責任監修した動画ですので、まず間違った演奏が掲載されるということはありません。

 

 アイルランド音楽協会の本部のサイトの動画コーナーはこちらのページになります。

 

 ちなみにこちらのリンク先に載っている動画はアイルランド音楽の国際コンクール「Fleadh Cheoil (フラーキョール)」のフィドル部門で優勝したことのある奏者の演奏です。アイルランドで一番上手なフィドル奏者の演奏ということになりますので見て損はありません。これに匹敵する演奏であればYouTubeに載っている動画でもOKということになります。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 参考までに下に「間違った演奏」と「正しい演奏」を掲載しましたので、参考にしてみてください。アイルランド音楽のことをよく分かっている人ならば、「間違った演奏」として掲載した演奏は「明らかに間違っている」とお分かりいただけると思いますが、アイルランド音楽のことをよく分からない方は、2つの動画の演奏のどこがどう違うのかが良く区別できないと思います。

 

 最初のうちは皆そんなものです。じっくりと色々な人(アイルランドでアイルランド音楽の演奏家として認められている演奏家の演奏)を聞いていくうちに違いが分かるようになっていくと思います。

 

アイリッシュフィドルの間違った演奏編

"正しい"アイリッシュフィドルの演奏


 

上の2本の動画はどちらも同じ曲を弾いています。曲は「Cooley's(クーリーズ)」というアイルランド音楽の世界ではとてもポピュラーなリールというタイプの曲です。以下は「Cooley's」の譜面です。

 

Cooley's クーリーズ リール
Cooley'sの譜面

2本の動画で弾かれている曲と同じ曲だということは分かるかと思います。

 

最初の動画で弾いている女性奏者のどこがいけないかというと、早い話が譜面通りの演奏だからです。彼女の演奏には何のひねりも効いていません。ただ単に旋律だけを同じ調子で同じ弓の使い方で弾いているだけなのです。

 

こういう演奏であればそれこそクラシックのバイオリンの演奏の経験のある方であれば誰でも弾けてしまいます。

 

このページ内の「アイルランド音楽の演奏の特徴③ - 譜面通りに弾かないのが普通」の所にも書いてありますが、アイルランド音楽は普通は譜面通りには弾かないものです。

 

2本目の動画の男性奏者の方は色々な装飾音やひねりの効いた短いフレーズなどを織り交ぜることによって、楽曲をかっこよくアレンジして弾いています。

 

しかもこの男性の奏者の演奏はかなり難易度の高いテクニックを用いて弾いていますので、このような演奏はそう簡単には真似できません。

 

それもそのはずこの演奏家はアイルランド音楽の国際コンクール「Fleadh Choil (フラーキョール)」で優勝経験のあるアイルランドを代表するフィドル奏者の一人なのです。(アイルランドの音楽界以外の世界では誰も知らないかもしれませんが・・)

 

ちなみに最初の動画の女性は、実はアイルランド(以外の国でも?)では超有名な「ザ・コアーズ(The Corrs)」というバンドでボーカルとバイオリンを担当していたシャロン・コアー(Sharon Corr)という方です。現在はソロで活動していますが、彼女はコアーズ時代からステージの途中でアイルランドの伝統曲を披露するのがお約束となっています。もっとも彼女はクラシックバイオリンの方が専門で、アイルランド人とはいっても正式にアイリッシュフィドルを習ったことはないので、ちゃんとしたフィドルの演奏はできません。

 

恐らく本人もなんちゃってな演奏であることは十分わかった上でアイルランドらしさの演出の一つとしてやっているのだと思います。

 

目次に戻る

 

フィドルとバイオリンの違い

Difference betwen the fiddle and the violin

 フィドルとは弓で弾く弦楽器の総称です。

 

 たとえば中国の二胡(胡弓)もフィドルの仲間で、英語では「Chinese Fiddle(チャイニーズ・フィドル)」と呼ばれることもあります。

 

 有名なミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き」の原題は「ザ・フィドラー・オン・ザ・ルーフ (The Fiddler on the Roof)」と言います。(フィドラー =フィドルを弾く人)

 

 世界中には様々な弓で弾く弦楽器があり、これらは全てフィドルの仲間になります。


左(上)はノルウェーの伝統的なフィドル「ハーダンガーフィドル*」、右(下)はスウェーデンの伝統的なフィドル「ニッケルハルパ」。これらもれっきとしたフィドルの一種です。*ハルダンゲル・バイオリンとも

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

アイリッシュ音楽で使われるフィドルは、普通のバイオリンと全く同じものです。

 

呼び方の違いだけで、クラシックの奏者が弾けばバイオリン、アイリッシュ音楽の奏者が弾けばフィドルと呼び方が変わるのです。

アイリッシュフィドルの演奏。

アイリッシュ音楽で使われるフィドルは普通のバイオリンと全く同じものです。


アイリッシュフィドルについてはこちらをご覧ください。

 

アイルランド公認のフィドルの認定講師のレッスンはこちらで。

 

目次に戻る

当サイトにはこのページ以外にもアイルランド音楽に関連したページが多数あります。音楽関連のページのサイトマップがありますので、よかったらご覧になってください。