アイルランド最大にして最高峰の音楽フェスティバル
Oxegen

Oxegenとは

 「Oxegen」は毎年7月の第2週の週末にキルデア州で開催されるアイルランド最大の音楽フェスティバルです。

 

 会場となる場所はキルデア州のPunchestown競馬場という所で、会場内にはキャンプ場が設けられ3日間キャンプしながらライブを楽しむ若者も多くいます。

 

 チケット代はキャンプ場の利用料金込みの3日間の通し券が約2万5千円、キャンプ場の利用無しで1日だけの入場で約1万円でした。

 

アイリッシュインデペンデント アイルランド 新聞

 アイルランドを代表する新聞「アイリッシュ・インデペンデント」の折り込み誌「Day&Night」に掲載されていたOxegenの特集記事。

 

Oxegen アイルランド 音楽フェスティバル

Oxegenの特集記事に掲載されていた会場マップ。

 

アイルランド 音楽フェスティバル

 別の新聞の折り込み誌に付いていた「オキシジェン・サバイバル・ガイド」なるフェスのガイド小冊子。中には3日間キャンプして過ごす人達も居るだけに、色々と「サバイバル」の知恵が載っています。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

  Oxegenはキルデア州の「Punchestown競馬場」という広大な競馬場が会場となっていますので、アクセスの仕方がやや複雑です。

 

 私はクレアから自分の車で行ったのですが、会場特設の駐車場からステージまでは遠く、駐車場からバスでの移動となります。

 

 ステージに近い駐車場もあるらしいのですが、駐車料金が高いので私はステージから遠い無料駐車場に停めました。

 

 バスは無料で、ステージがあるメイン会場近くと駐車場をピストン輸送しています。

 

アイルランド旅行 音楽フェスティバル

 Oxegenの無料駐車場。ここからさらにバスに乗って会場入りします。沢山の車が停まっているので、車を場所をよく覚えておかないと帰るときに悲惨なことに・・・ 

 

アイルランド サマーフェスティバル

 駐車場から会場まで無料送迎バスが出ています。これはバス待ちの行列です。

 

アイルランド サマーフェスティバル

 会場となるPunchestown競馬場についた後も入場門までしばらく歩かされます。

 

アイルランド 音楽フェスティバル

Oxegenの会場への入場門

 

アイルランド 音楽フェスティバル

事前に予約しておいたチケットを受け取ります。

 

アイルランド旅行 音楽フェスティバル

 Oxegenの会場への入場に際してはけっこうるさいルールがあって、

 

 缶入り飲料、瓶入り飲料は持ち込み禁止、

 

 ペットボトル飲料のキャップ(蓋)は取らないといけません。500ml以上は持ち込み禁止です。

 

 レーザーペン、花火、発煙筒などは持ち込み禁止だそうです。

 

 会場内では基本的にペットボトル飲料はNGで、会場内ではジュースやアルコール飲料は紙コップでしか売られていませんでした。

 

 ペットボトルだと興奮してステージに投げ込んだりするヤツがいるから、禁止にしているそうです。

 

目次に戻る

 

Oxegen Festival 2日目 (7月9日)

 今年のOxegenは7月8日から始まったのですが、初日はとくに見たいステージがなかったので、フェス2日目の7月9日から見に行きました。もちろん日帰りで。

 

 2日目はトリの「フーファイターズ」が一番の呼び物ですが、個人的にはよくラジオで耳にする「ブルーノ・マーズ」、アイルランドの女性ブルーズ歌手の「イメルダ・メイ(Imelda May)」、「イライザ・ドゥーリトル(Eliza Doolittle)」、それとオアシス(弟)が結成した「ビディーアイ(Beady Eye)」が見たいな思っていました。

 

アイルランド テイトーパーク

 会場の入り口付近では、アイルランドのソウルフード(?)ともいえる「テイトー」が運営する「テイトーパーク」の宣伝をしきりにやっていました。

 

 「テイトー」はアイルランドでその名を知らぬ者はいないといっても過言ではない、アイルランドを代表するポテトチップスのブランドです。「テイトー」とは「ポテイトー(ポテトの英語発音)」から来ています。

 

 「テイトーパーク」はテイトーの工場に隣接したテーマパークです。

 

 会場に入るといきなり巨大な観覧車が見えてきました。観覧車といってもこのフェスのためだけに設置した特設「観覧車」なので、土台とか大丈夫なのかちょっと心配になってしまいますが・・・

 

アイルランド ペニーズ お店

 ペニーズのOxegen特設店舗。ペニーズはアイルランドのあちこちにある日本の「しまむら」に相当するなんでも安く買える衣料品店です。ロックの野外フェスになぜペニーズが?と思ったのですが、3日間キャンプで過ごす輩も居ますから、肌着とかここで買っていくのかもしれません。

 

アイルランド Oxegen 音楽フェスティバル

 Oxegenの会場は競馬場とあって、草地が多くアイルランドの天候も影響して「ぐしょぐしょ」した箇所が多いので、長靴を履いている人が多くいます。フェスのオフィシャルガイドでも長靴の着用を勧めています。

 

アイルランド アイリッシュ音楽フェスティバル

どこにもかしこも長靴を履いた人達で溢れています。

 

目次に戻る

 

会場内の飲食店に「焼きそば屋」と「寿司屋」が!

  Oxegenの会場内には色々なお店が出店していて、飲食店も色々なのがありました。

 

 定番のフィッシュ&チップスや、ハンバーガーなどのファーストフードに加え、東洋テイストなお店もちらりほらりとありました。

 

 中でも個人的に目を引いたのが・・・

 

 下の画像に写っている「Japanese Noodle Bar」というお店です。

 

アイルランド 日本食

 Oxegenの会場内の飲食店コーナーの一角にあった「Japanese Noodle Bar」

 

アイルランド 日本食

この店「やきそば屋」を自称しているのですが・・

 

アイルランド 日本食

 こちらがメニュー。真ん中の7.5ユーロの「フェスティバル・スペシャル」なるメニューは「バーベキュー・ヌードルと天ぷらとカレー味の野菜炒めが一緒になっているそうです。

 

アイルランド 日本食

 メニューに描かれている力士の横には「ベリーナイス(Belly Nice)」と書かれてあります。「very」と「belly(お腹の意)」をかけてアイルランド版の駄洒落みたいなものでしょうか。

 

アイルランド 日本食

割りばしも置いてあって、一見本格的(?)なのですが・・

 

アイルランド やきそば 日本食

鉄板でやきそばを炒めているところ。

ここまで見る限り、普通のやきそばっぽいのですが・・・

 

アイルランド 日本食

味付けに使われているソースがこんなのだったりして・・

 

アイルランド 日本食 てんぷら

これが天ぷらだそうです。何の天ぷらなのか不明です・・

 

アイルランド 日本食 日本人

 こんな人達が調理していました。日本人とおぼしき人は一人も居ないようです・・

 

アイルランド 日本食 やきそば

 これが「やきそば」です。麺はいわゆる「エッグヌードル」で、日本の焼きそばとはだいぶ食感が異なります。味もこちらで"東洋の味"の代名詞になっている「スイート&サワー」なお味で日本の「ソース焼きそば」とは全然違います。

 

 でももの凄くまずいかというと、そんなことはなく、普通に食べられる味でした。

 

アイルランド 日本料理店

 こちらは「Japanese Noodle Bar」とは別のお店。「ユミ(Yumi)」という名前のお店です。店名は英語でおいしいという意味の「Yummy(ヤミー)」とかけていると思われます。

 

 テリヤキ、カレー、ヌードル、すしを売っているそうです。

 

アイルランド 日本食料理店

ユミのメニューです。

チキン・カツ・バーガーとか、ベジタリアン・マレーシア・カレーなんていうのも売っています。

 

アイルランド 日本食料理店

 「ユミ相撲ミール」なんていうのもあります。「全部ついてくる(a bit of everything)」というのは、メニューに載っている全部が付いてくるということなんでしょうか。それで12.5ユーロなら安いかもしれません。

 

 

Oxegenの会場には他にも色々なお店がありました。

 

アイルランド 音楽フェスティバル

こちらは「へんな」という名前の変なお店。

フェイスペインティングや入れ墨風のペインティングを施してくれるお店のようです。

 

アイルランド サマーフェスティバル

こんなフェイスペインティングを施してくれるそうです。

 

アイルランド 入れ墨

 こちらもタトゥーを入れてくれるお店です。「10 days」というのは「10日間で消える」という意味なのでしょうか。

 

アイルランド フェスティバル タトゥーショップ

 こんな「入れ墨」を入れられるそうです。2~5分で入れられるそうです。2~3日持つと書いてあるので、本当のタトゥーではなく入れ墨風のボディペインティングのようです。

 

 

 フェスティバルなので、色々な所から色々な人が来ているわけですが、アイルランドのこの手の会場に必ずといっていいほどいるのが、ご当地ジャージを来た人たちです。

 

 ジャージというのはスポーツのユニフォームのことで、スポーツは大抵アイルランドの国技と呼ばれるハーリングか、ゲーリックフットボールというアイルランド独自のサッカーのユニフォームになります。

 

 アイルランドではこれらのスポーツは県別の対抗戦という形で試合が行われていて、多くの人が自分の出身県のユニフォームを持っていて、何故か外出時に着るというのが定番となっているのです。

 

 それらのスポーツをやる、やらない、見に行く、見に行かないに関わらず着るのがミソで、アイルランド伝統音楽のフェスティバルやサマースクールにも行っても「そういう出で立ち」の人が必ず居ます。

アイルランド ファッション ミーズ州

ミーズ州のジャージ(ユニフォーム)を来た人

 

アイルランド ファッション キルケニー州

キルケニー州のジャージを着た人

 

アイルランド ファッション ウェックスフォード州

ウェックスフォード州のジャージを着た人。

 

アイルランド フェスティバル 音楽祭

 こんな格好した人も居ました。このお馬さんは翌日の新聞にも出ていました。

 

目次に戻る

 

移動遊園地の絶叫マシン

 アイルランドの夏のフェスティバルにつきものなのが、移動遊園地です。

 

 夏(だいたい6月から8月の間)になるとアイルランド各地で色々なフェスティバルが催されるのですが、会場内に移動式遊園地が設置されるフェスティバルってけっこう多いなと思います。

  

 フェスティバルは音楽のフェスティバルとは限りません。

 

 これまでにリムリック州のニューキャッスルウェストやケリー州のキラーニーで開催された音楽とは関係のないフェスティバルでも移動式遊園地を見たことがあります。

アイルランド フェスティバル 遊園地

Oxegen会場でひときわ目立っている観覧車。

 

アイルランド サマーフェスティバル 観覧車

 観覧車のゴンドラのアップです。かなり簡素なつくりで大丈夫なんかなって思ってしまうのですが、けっこう乗っている人が居たと思います。後から考えれば、上空から見た画像の撮影のために乗っておけばよかった思っています。

 

アイルランド フェスティバル 遊園地

 移動遊園地には絶叫系マシンもあったりします。恒久的な施設ではないので、土台とかどうなんだろうと思ってしまうのですが、皆普通に乗っているので安全性はちゃんとしているんでしょうね。結局どれも乗らなかったけど・・

 

アイルランド フェス 遊園地

 これなんか、けっこう高い所を回っているので、見ているだけでも冷や冷やしてきてしまいました。

 

動画で撮ったOxegen会場の絶叫系マシンです。

 

目次に戻る

 

ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)

 さて、いよいよここから肝心の音楽の話題へと進んでいこうと思います。(笑)

 

 実際のところ「音楽フェスティバル」といいつつ、色々なアトラクションがあって「音楽」がなくても楽しめる「音楽フェスティバル」ですが・・

 

 Oxegenには屋外ステージが3つに屋内ステージ2つがあって、ほぼ同時進行でそれぞれのステージで演奏が行われています。

 

 なので、どのステージに行こうか迷ってしまうのですが、どのステージも出入りは自由なので、色々なアーティストの演奏を楽しむことができます。

 

 私はアイルランドの伝統音楽も含めてものすごく音楽のことをよく知っているわけではないので、(と言うと驚かれるのですが、本当の話で、そもそもアイルランドに音楽をやりに来たわけではなかったし、アイルランドに来るまで音楽には全然関心がなかったので、音楽全般に関して超疎いのです)こういう所に来ると色々なアーティストのことを知れて有難いです。

 

 ブルーノ・マーズは去年(2010年)からよくラジオで流れていたので、けっこう気に入っていて、特に「Just the way You are*」は良い曲だなと思っていたので、今回のステージを楽しみにしていました。

*7年後の2018年に「EXILE ATSUSHI」がカバーしてヒットしたようです。

 

 下の動画がステージのフィナーレで歌った「Just the way You Are」で、途中でステージメンバーの紹介が入ります。どうやらバックバンドのギタリストは日本の人のようです。

 

ブルーノ・マーズのジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー

 

目次に戻る

 

アイルランドの女性ブルーズシンガー「イメルダ・メイ」

 ブルーノ・マーズの後に「ヴォーダフォン・ステージ」に立ったのが、アイルランド人の女性ブルーズシンガー「イメルダ・メイ」でした。

 

 ここ最近テレビやラジオで見たり聞いたりしてけっこう気に入っているアーティストで、ぜひ生で見てみたいと思っていました。

アイルランド人女性ブルーズシンガーの「イメルダ・メイ」の「Mayhem」

 

目次に戻る

 

レトロなポップな感じが聞きやすいイライザ・ドゥーリトル

 去年(2010年)の7月にデビューアルバムを出したイライザ・ドゥーリトルはロンドン出身のシンガーソングライターです。

 

 個人的にけっこう気に入っていて、よく車の中で聞いています。

 

 私は何でも聞くのですが、個人的に好きなが「のほほんとした音楽」ってけっこう好きで、彼女のアルバムは全体を通してそんな感じの曲が多くて気に入ってきいています。

 

 Oxegenでは2日目の「2FM Hotpress Academy」の屋内ステージに登場しました。

アイルランド 音楽フェスティバル

 正面の青いマーキー(marquee)が「2FM Hotpress Academy」。ちなみに「2FM」はダブリンにあるFM局、Hotpress(ホットプレス)」はアイルランドの音楽雑誌です。

 

アイルランド 音楽フェスティバル

 遠くて歌っている本人がほとんど見えないですが、イライザ・ドゥーリトルのステージはこんな感じでした。

 

 2枚目のシングルとしてリリースされた「Pack up」のPV。この「のほほんとした感じ」が気に入っています。

 

目次に戻る

 

オアシス(弟)が結成した新バンド - ビディーアイ

 イライザ・ドゥーリトルのステージが終わったあたりから、ビッグネームが登場してくるようになります。

 

 メインステージのトリの2つ前に登場したのが、「ビディー・アイ(Beady Eye)」というバンドです。

 

 「ビディー・アイ」元オアシスのリアム・ギャラガー(ギャラハー)が結成した新しいバンドで、多分このOxegenのステージがアイルランドでの初めての演奏となるはずです。

 

アイルランド 音楽フェスティバル

オアシス(弟)が率いるビディー・アイのステージ

 

目次に戻る

 

Oxegen2日目のトリは「フーファイターズ」

 Oxegen2日目のメインステージのトリは「フーファイターズ」でした。

 

 一つ前が「アークティック・モンキーズ」で、彼らのステージも相当盛り上がったのですが、ここでフーファイターズが登場したらどうなるんだろうと思ったら・・・

 

アイルランド フェスティバル

 この人出です!

 

 多分では何千人どころではなく、ン万人規模で人が集まっていたと思います。

 

 メインステージのトリの時は他のステージでは一切演奏をやっていないので、会場にいる全ての人がメインステージ前に集結したようです。

 

Oxegen2日目のトリを務めたフーファイターズのステージです。

 

 フーファイターズのステージはそれはそれは格好よく、ものすごく盛り上がったのですが、なにせン万人の観客が一気に引き上げるのですから、帰りの混乱が凄かったです。。。

 

アイルランド 音楽フェスティバル

 帰りの行列の模様です。こんだけの人数が一気に出口を目指すのですから、混乱するのも当たり前です。

 

アイルランド ダブリンバス

 ずらっと並んでいるのは臨時バスです。

 

目次に戻る

 

Oxegen 3日目 (7月10日)

Oxegen最終日のハイライトは何と言ってもコールドプレイでしょう。

 

コールドプレイの前にはビヨンセが登場します。

 

私的にはこの日はマニックストリートプリーチャーズと、プライマル・スクリームを楽しみにしていました。

 

 

マニック・ストリート・プリーチャーズ

 マニック・ストリート・プリーチャーズは数少ない私がアイルランドに来る前から知っていたバンドの一つです。

 

 もともと音楽には物凄く疎く、そもそもアイルランドに来るまで音楽そのものに興味がありませんでしたから、日本に居た頃は自分から進んで音楽を聞くということは皆無でした。

 

 何で知ったのか覚えていませんが、このバンドは前から何となく知っていました。

アイルランド 音楽フェスティバル

 Oxegenフェス3日目。マニック・ストリート・プリーチャーズのステージ。

 

名曲「デザイン・フォー・ライフ」です。

 

目次に戻る

 

ビヨンセ

 なんとビヨンセとプライマル・スクリームの時間が重なってしまい、ビヨンセの方だけ見ることにしました。

 

 プライマル・スクリームは別のステージだったので、行ったり来たりするのは大変だし、行ったり来たりしているうちに良い場所がなくなってしまうので・・

 

 次のコールドプレイのことも考えて、メインステージ前から動かない方が吉かなと思って留まることにしました。

 

アイルランド 音楽フェスティバル

スクリーン上にどアップになったビヨンセ。

 

 人気度でいったらトリにきてもおかしくないほどの人気ぶりで、皆ものすごく熱狂していました。(プライマル・スクリームがかわいそうですが・・)

 

アイルランド 音楽フェスティバル

 どこまで続いているんだか分かりませんが、ここに写っている人達皆さんビヨンセのステージを見に来た人たちです。ほとんど人たちはこの後のコールドプレイのステージの時も居たので、早めに前の方で陣取っておいて正解でした。

 

 ビヨンセのステージのラストで歌った「ヘイロー」。

 お馴染みのステージから降りて観客にマイク向けて歌わせるパフォーマンス(動画の2分43秒付近。マイクを向けられて歌いだす男性が写ります・・)もありました。バックバンドのメンバー紹介ではキーボードの辻さんも紹介されていたと思いますが、遠くてよく見えませんでした・・

 

アイルランド 新聞 インデペンデント

 ビヨンセのステージは、これでフェスが終わってもいいんじゃないのくらいに、大盛り上がりしたステージでした。

 

 フェスの翌日の新聞の一面に紹介されていたのもビヨンセでした。(トリのコールドプレイではなく)

 

 でもこれで終わりではく、ラストボスがまだ次に控えているのでした。

 

目次に戻る

 

コールドプレイ (Coldplay)

 アイルランド最大の音楽フェスティバル「Oxegen」の最終日の最後のステージに立ったのは「コールドプレイ」でした。

 

アイルランド 音楽フェスティバル

コールドプレイのステージ。実は生で見るのはこれが初めて。

 

アイルランド コールドプレイ

スクリーンに映し出されたクリス・マーティンのアップ

 

 色々な曲を歌ってくれて大満足。動画で歌っているのは「美しき生命」です。

 

 

スペシャルゲストにアイルランドの国民的シンガーが登場

 ステージが終盤に差し掛かった頃にボーカルのクリス・マーティンが、「ここでスペシャルゲストに登場していただきたいと思います。ゲストはここキルデア出身の」と言いかけたところで、怒涛のような大歓声が

 

 地鳴りか?ってくらいの物凄い大歓声でした。

 

 皆「キルデア出身」だけで誰だか分かるようです。

 

 そうスペシャルゲストとは、

アイルランド クリスティ・ムーア

 この画像では分かりにくいかもしれませんが、

 

 「クリスティ・ムーア (Christy Moore)」です。

 

 クリスティ・ムーアはOxegenの会場のあるキルデア州の「ニューブリッジ」という町出身のアイルランドの国民的歌手です。

 

 「プランクシティ (Planxty)」というアイルランド伝統音楽のグループのメンバーでもあったので、伝統音楽ファンの間でもよく知られています。

 

クリスティ・ムーアとコールドプレイの共演の模様です。

 

アイルランド 新聞

 Oxegen翌日の新聞に載っていたフェスの特集記事です。

 

 2面にわたって紹介されていて、それだけアイルランド国内で大きな注目を集めている行事ということなんでしょう。

 

 伝統音楽の行事もいいのですが、たまにこういうイベントに行くとなんか「等身大のアイルランド」を知れたような気がして、また一歩「VIP」に近づけたかな?なんて感じています。

 

アイルランド ステッカー お土産

 「VIP」とはアイルランドのお土産屋さんでよく見かけるステッカーに書いてある「Very Irish Person」のことです。

 

 アイリッシュ音楽の演奏を学ぶ私にとって目指すところは「Very Irish Person」なのです。「Really Irish Person」でもいいのかもしれませんが、略すと「RIP」になってしまうのであまりよくないか・・

 

目次に戻る