アイリッシュフィドルの地域性 (Regional Styles in Irish Fiddle Playing)

アイリッシュフィドルは、地域によって演奏法や演奏している曲に違いがあります。

 

日本にもそれぞれの地方に「○○民謡」など、その地方で伝統的に歌われている歌があるように、アイルランドのフィドル奏法も地方によって様々なスタイルがあります。

 

アイルランドでは地方特有の演奏法のことを「リージョナル・スタイル」とよんでいます。

アイルランドの主な町の地名
アイルランドの主な町の地名

以下は代表的なスタイルです。

・ドネゴール・スタイル (Donegal Style)

ドネゴールはアイルランドで最も北に位置する州(カウンティー)です。世界的に有名な歌手エンヤはこの州の出身です。

ドネゴールは歴史的にスコットランドとの関係が深く、ドネゴールの音楽はスコットランドの音楽を影響を受けた部分があります。
ジョニー・ドハーティ(Johnny Doherty)、ジェームズ・バーン(James Byrne)などがこのスタイルの代表的な演奏家です。

ジョニー・ドハーティ
ジョニー・ドハーティ
ジェームズ・バーン
ジェームズ・バーン

ジョニー・ドハーティの演奏

ジェームズ・バーンの演奏


・スライゴ・スタイル (Sligo Style)

スライゴは地図で見るとドネゴールの下に位置する州です。

ノーベル文学賞を受賞した詩人イエーツが少年時代を過ごした地で、イエーツの詩にはスライゴの描写が多く登場するそうです。

スライゴの奏法は、今ではアイルランド全域で取り入れられていて、アイリッシュ・フィドルのお手本ともいえるスタイルとして知られています。
代表的な演奏家にはマイケル・コールマン(Michael Coleman)、ジェームズ・モリソン(James Morrison)、パディ・キローラン(Paddy Killoran)などが知られています。

Michael Coleman
マイケル・コールマン
ジェームズ・モリソン
ジェームズ・モリソン
パディー・キローラン
パディ・キローラン

マイケル・コールマンの演奏

パディ・キローランの演奏


ジェームズ・モリソンの演奏。

演奏しているのは「モリソンズ・ジグ」です。この曲はジェームズ・モリソンが録音したことで、世間に知られるようになり、以後「モリソンズ」と呼ばれるようになりました。もともとのは「スティック・アクロス・ザ・ホブ(Stick Across the Hob)」と呼ばれている曲でした。


・クレア・スタイル (Clare Style)

クレアはアイルランドの中西部に市する州です。モハーの断崖やバレン高原など有名な景勝地が多くある県です。

クレアのフィドルの奏法は、他の地域に比べるとややゆったりとしたテンポで演奏されます。また調(キー)を下げて弾くことも多くあります。
この地域の代表的な演奏家にはジュニア・クリハン(Junior Crehan)、ボビー・ケイシー(Bobby Casey)、ジョー・ライアン(Joe Ryan)などが居ます。

ジュニア・クリハンとボビー・ケイシー
ジュニア・クリハン(左)とボビー・ケイシー(右)
ジョー・ライアン
ジョー・ライアン

ボビー・ケイシーの演奏

ジョー・ライアン


・シュリーヴ・ルークラ・スタイル(Sliabh Luachra)

シュリーヴ・ルークラはアイルランド南部のコーク州とケリー州に跨る丘陵地帯です。

この地域では、ポルカやスライドというタイプのダンス曲がよく演奏されています。

ポードリック・オキーフ(Pádraig O'Keefe)、デニス・マーフィー(Denis Murphy)、ジュリア・クリフォード(Julia Clifford)、パディ・クローナン(Paddy Croninなどがこのスタイルを代表する演奏家です。

パドレイグ・オキーフ
ポードリック・オキーフ
デニス・マーフィー
デニス・マーフィー
ジュリア・クリフォード
ジュリア・クリフォード

ポードリック・オキーフの演奏

デニス・マーフィーとジュリア・クリフォードの演奏


パディ・クローナンの演奏


アイルランドにはここに挙げた以外にも、様々な演奏法を存在します。

以下ページでは100年以上前から現在までの様々な地域の様々な年代のフィドル奏者を紹介しています。(重たいページなのでPCでご覧になることをお勧めいたします。)

アイリッシュ・フィドル・プレイヤー名鑑①

アイリッシュ・フィドル・プレイヤー名鑑②

アイリッシュ・フィドル・プレイヤー名鑑③