アイリッシュ(アイルランド)音楽でつかわれている小さな縦笛
ティンホイッスルとは

introduction to the tin whistle

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 


 

ティンホイッスルについて

 

ティンホイッスルはアイルランド音楽の中で使われている楽器の中では、比較的簡単で始めやすい楽器です。

 

ティン(tin)」とは英語でブリキという意味で、もともとはブリキの板を丸めて作られていましたが、現在では様々な材質で作られた"ティン"ホイッスルが出回っています。

 

下の画像のティンホイッスルが昔ながらのブリキ製のティンホイッスルです。

 

ティンホイッスル アイリッシュ音楽
昔ながらのブリキ製ティンホイッスル

 

ティンホイッスルのことを"ペニーホイッスル"と呼ぶこともあります。

 

「ペニー」とは日本の一円玉に相当する昔のアイルランドの最小貨幣単位で、昔は「1ペニー(1円)」でティンホイッスル買えたそうです。

 

今でもティンホイッスルは600円*くらいから買えますが、一本数万円もする手作りの高級品も出回っています。(*アイルランド本国では)

 

ティンホイッスル
ティンホイッスルはアイルランドのお土産さんでもよく売られています

 

ティンホイッスルは値段が安く、簡単に音を出せるのでアイルランド音楽の入門楽器として最適です。

 


 

ティンホイッスルのレッスンについて

 

 私のレッスンではアイルランドの音楽を弾くための基本的なことに重点を置いてレッスンを進めていきます。

 

・ダンスチューンの基本的な奏法、ノリの出し方など

・装飾音の付け方

・バリエーションの付け方

 

 など、ごく基本的なことを楽譜を用いず耳で聞いて学ぶ現地流の教え方でレッスンを進めていきます。

 

 アイルランドの音楽は全ての楽器が同じ旋律(メロディ)を演奏する音楽なので、先にティンホイッスルでアイルランド音楽の基礎を学んでおけば後にフィドルやバンジョーなど他のアイルランドの楽器へも簡単に移行できます。

 


アイリッシュ音楽 レッスン

先にティンホイッスルで基本を習っておけば他の楽器への移行も簡単です。

アイリッシュフルート(右の楽器)は指穴の数がティンホイッスルと同じで、演奏法も似ているので、ティンホイッスルから移行しやすい楽器です。

 


 

こんな方に向いています

 

・本当はフィドル(バイオリン)やバンジョーやマンドリンに興味があるけれど、楽器も高いし難しいそうだからいきなりフィドルやバンジョーで始めるのには抵抗がある。

 

・アイルランドのメロディーが好きで自分でも何か弾いてみたいけど、どの楽器が自分に向いているか分からない。

 

など、このような方にはぜひティンホイッスルをお勧めします。

 

ティンホイッスルはリコーダーよりも指穴の数が少なく、息を吹き込めば簡単に音が出るので、学校でリコーダーを吹いた経験のある方ならすぐに上達できます。

 

アイルランドの音楽は見よう見まね、聞きよう聞きまねで覚えていくので、楽譜の読み書きや、音楽のことがよく分からなくても大丈夫です。

リコーダー アイリッシュ音楽
ティンホイッスルはリコーダーよりも簡単です

 


 

レッスン代について

 

レッスン代は1回1,500円*より。(*レッスン回数、時間、場所によって異なります)

 

基本的に個人レッスンですが、お友達同士など2人、3人でのレッスンも可能です。その際のレッスン代/レッスン時間についてはお問い合わせください。

 

アイリッシュ音楽 教室
アイリッシュ音楽のグループレッスン風景

 


 

レッスン曜日・時間など

 

レッスン時間はご都合に合わせて日時を決めるフリータイム制*です。

 *定期レッスンも可能です。(毎週○曜日の○時~、など)

 

レッスン時間は基本1回1時間です。(1回に1時間以上/以下も可能です)

 


 

体験レッスン/お問い合わせ

 

体験をご希望の方は1回1時間4,000円(30分2,000円)にて受講していただけます。

 

詳細はこちらよりお問い合わせください。